1. ジャージとは違う「上品」さ。夏の半ズボンじゃ寒い日には「スウェットパンツ」がおすすめ

ジャージとは違う「上品」さ。夏の半ズボンじゃ寒い日には「スウェットパンツ」がおすすめ

出典:m.dhgate.com

 夏だって、毎日暑い天気なわけではないだろう。夏だって、毎日半ズボンでは彼女も面白くない。でも、ジーンズじゃ暑苦しいというのが正直なところ。

 そんな夏パンツとして有効活用したいアイテムが、イージーパンツである「スウェットパンツ」。スウェット素材で出来たパンツの履きやすさは素晴らしい。

 しかし、このアイテムは同時に危険なアイテムでもある。つまり「選び方」が重要なのだ。そこで今回はその選び方もご紹介しつつ、おすすめの一本を探していこう。

「上品」な一本を「上品」に着こなせ!

 「スウェットパンツ」は選ぶ、着こなすにあたって重要なワードはたった一つ。「上品」とワードだ。

 スウェット生地でできたアイテムの唯一の難点は、「だらしなく見える」という点だ。近所のコンビニに行くように見えてしまうスウェットアイテムを選ぶ際は、「だらしなさ」と対を成す「上品」という言葉が大前提となるのだ。

 そして上品な一本を選んだら、次は何と合わせるかだ。その際も「上品」という言葉を忘れてはいけない。上品なセーターやパーカーと合わせて欲しい。

股下ゆるめ。だけど足元スッキリで上品に

出典:zozo.jp
 最もオススメなのが股下ゆるめの一本。股下から足首にかけて、次第にスリムになっていくデザインが、「上品」と「リラックスできるパンツ」の双方を実現している。

 スウェットパンツの足元はそのパンツのデザインに合わせると、さらにこなれ感がアップする。本商品のようなパンツには、可愛らしいデザインスニーカーがピッタリ。

7部丈パンツ×ドレスシューズで上品カジュアル

出典:zozo.jp
 7部丈スウェットパンツは最もイージーで、かつ最も上品なスウェパンだろう。特にだらしなく見えがちな灰色パンツが、こんなにも上品に見える。

 その訳はパンツだけに追随するものではない。足元のドレスシューズも大きな役割を果たしているので、「上品」に見えるのだ。つまり、スウェットパンツの足元には、最大限の注意が必要なのだ。


ハーフパンツと合わせて大人ストリートに

出典:zozo.jp
 最後に紹介したいのがジャストサイズのピッタリスェットパンツ。「ジャストサイズ」のスウェットパンツは正直言ってあまりおすすめではないが、ハーフパンツと合わせることで上品なストリートスタイルにまとまる。

 足元だけでなくこういった自分なりのおしゃれを試すことができるのも、スウェットパンツの醍醐味かもしれない。



 この夏注目のアイテム「スウェットパンツ」。半ズボンだけでは乗り越えられないことは明白。ぜひ、「上品」というワードを忘れずに、自分なりの一本を見つけて欲しい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する