1. まずチェックすべきは「最大適用床面積」。クリーンな空気で部屋を満たす空気清浄機の選び方

まずチェックすべきは「最大適用床面積」。クリーンな空気で部屋を満たす空気清浄機の選び方

by Arty Guerillas

 花粉症の季節は主に春だと言われているが、花粉症シーズンに大活躍するのが空気清浄機だ。しかし、最近ではPM2.5対策や、インフルエンザなどの感染症対策が必要に鳴っているため、オールシーズン活躍するようになってきている。

 今回は、空気清浄機の選び方として、選ぶ時に見るべきポイントをいくつか紹介する。自分の部屋に合った空気清浄機を選ぶことで、空気清浄機の性能が100%発揮されるだろう。

空気清浄機の性能でまず見たいのは「最大適用床面積」

by Matt Biddulph

 空気清浄機の選び方のポイントとして、絶対に押さえておかなければならないキーワードは「最大適用床面積」だ。これは、その空気清浄機に適した床面積を教えてくれるものである。

 しかし、自分の部屋とピッタリのものを購入してしまうと、空気が清浄されるスピードなどが物足りないと感じる場合がある。自分の部屋よりも面積が大きい空気清浄機をあえて選ぶとスピードが改善されるので、まずはこの最大適用床面積を見て選ぶと良い。

付属する機能を自分のライフスタイルに合わせて決める

by ImNotQuiteJack

 空気清浄機は清浄するフィルターの機能によって特徴を出している。もし、花粉症が気になるのであれば、花粉の除去に特化したものを購入すると良い。

 また、アロマを普段から使う場合であれば、アロマの匂いを空気清浄機が吸ってしまい、効果が出ない場合がある。アロマ機能付きの空気清浄機を購入してそちらでアロマを使うようにしよう。

見落としがちな空気の流れをチェックする

by ai3310X

 空気清浄機で見落としがちな項目として、空気の出る位置と吸い込んでフィルターに入る口がどこに付いているのかということがある。

 裏から吸う場合、壁にピッタリくっつけておくと効果がほとんどなくなってしまう場合がある。どこに設置するのかは事前に考え、その設置場所に合った空気清浄機を選ぶようにしよう。


 空気清浄機の選び方のポイントは3つある。機能だけでなく、部屋の広さや設置場所なども検討する必要があるので、購入を検討する場合は、まずどういう場所に置くのかを良く考えてから選ぶようにしたいものだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する