1. ホリエモン「食べログとRettyなんてほとんど一緒」――急増するグルメサービス、どう使い分ける?

ホリエモン「食べログとRettyなんてほとんど一緒」――急増するグルメサービス、どう使い分ける?


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.482〜信頼度アップが重要!?〜」では、ホリエモンが最近数が増えているグルメサービスの使い分けについて話した。

 今回取り上げたのは、「飲食店を探すときにぐるなびやホットペッパーから­食べログで探す人が増えてきていると思います。先日『Retty』が10億円の資金調達をし­ましたが、『Retty』は今後食べログのように日本で普及していくのでしょうか? 口コミが­facebookアカウントに紐付いているというのは、投稿する側にとっては恥ずかしさ­などのハードルがあると思います。TERIYAKIをやられている堀江さんはこの辺­りの飲食店検索サービスをどのように考察されていますか?」という質問。

食べログとRettyの違いは?


 ホリエモンは、「そこそこは上手くいくだろうね。Facebookアカウントにひも付いているからこそ、実名で変なことは書けないのでレビューの信頼度アップに繋がるだろうし。考察と言っても、RettyはTERIYAKIとはちょっと方向性が違うよね。TERIYAKIはテリヤキストの信頼度の高い飲食店選択がメインで、これからアンバサダー制度を始めるつもり」と回答。

 Facebookアカウントへのひも付けがあるので多少は信頼度が増すが、「食べログとRettyに大きな違いはない」と話すホリエモン。どちらも不特定多数のレビューを見ることができるサービスとして認識しているようだ。

 一方、ホリエモンチャンネルのアシスタントを務める寺田有希氏は、「店舗情報をすぐに見ることができる食べログの方が使いやすい」と話した。たしかに、店舗のページを開いたときに食べログはまず店舗情報が表示され、Rettyは口コミ情報が表示される。

 ユーザー目線からすると、こうしたUIレベルの違いしか認識されていないことも多そうだ。

レビューの性質から選ぶのもアリ!

 グルメサービスを利用する消費者はどんどん増えているが、飲食店経営者はこうしたサービスをどう捉えているのだろうか?

 今回のゲストでザ・ステーキ六本木などを経営する株式会社「ダイヤモンドダイニング」のエグゼクティブ・プロデューサー 小田吉男氏は、「食べログのレビューは全然気にしてませんね」と話す。

 小田氏は、自分で食事をするときもグルメサービスではなく、その地域のグルメに詳しい知人の意見を聞いているそうだ。

 それに似たコンセプトを採っているのが、ホリエモンがプロデュースするグルメサービス「TERIYAKI」だ。TERIYAKIは一般ユーザーからの評価ではなく、著名人やグルメライターのレビューのみが掲載されている。


 Rettyや食べログのように数の多い一般ユーザーのレビューが見たいのか、それともTERIYAKIで専門家のレビューが見たいのか。グルメサービスの数もかなり増えてきたが、それぞれのコンセプトは微妙に異なる。自分が欲しい情報を考えて、ベストなサービスを選ぶことが大切だろう。

 ホリエモンがグルメサービスの違いを語った「堀江貴文のQ&A vol.482〜信頼度アップが重要!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する