1. 幅広いシーンに活躍、春夏スウェット選びに大注目のブランド3選

幅広いシーンに活躍、春夏スウェット選びに大注目のブランド3選

  • 7382views
  • 0fav

出典:blog.arborday.jp

 スウェットは、夜寝るときのパジャマだと思っている人はとても多い。しかし、その考えだけでお洒落の幅が狭まってしまうのがとてももったいない。スウェットほど、幅広いシーンで活躍できて便利で、お洒落なアイテムはないと言っても過言ではない。

 オールシーズン使えるが、特に若干の肌寒さが残る春や夜の冷え込みがある初夏などは特に重宝する。ここでは、スウェットを買うならここ!というおすすめのブランドを厳選して3つ紹介していく。

レミレリーフ

出典:item.rakuten.co.jp

 まずおすすめするのは、REMI RELIEF(レミレリーフ)。「ハイクオリティオブライフ」とコンセプトとして掲げるレミレリーフの作るスウェットは、そのコンセプトを忠実に体現しているかのようにとにかくクオリティが高い。

 編み方やプリント手法、絞りの入れ方など細かい部分を言えばきりがないほど手の込んだ作りとなっていて、とても満足度が高い。そこまで高価格ではないというのもよいところ。

フィルメランジェ

出典:www.loftman.co.jp

 FilMelange(フィルメランジェ)は、日本のカットソーブランド。高品質のカットソーをつくるというのがブランドのコンセプトにもあるように、シンプルかつ洗練されたフォルムのスウェットも多く作っている。

 素材にはオーガニックコットンを使用。まるで綿に包まれているかのような着心地の良さはフィルメランジェならではだろう。縫製も全て綿糸を使用しているというこだわりの高さには脱帽だ。

ループウィラー

出典:mytubest.com

 最後は、LOOPWHEELER(ループウィラー)という日本のブランド。「世界一、正統なスウェットシャツを作る」ということを掲げているブランドで、その製造には並々ならぬこだわりを感じさせる。

 ブランド名の由来にもなっている「吊り編み機」は、職人の手間がかかり今となってはどこも使っていない製造方法。しかし、ループウィラーはスウェットやTシャツなどのアイテムを全て吊り編み機で製造しているのだとか。それゆえ、独特の気持ちよさと幸せな着心地が実現出来ている。

 
 以上、聞いたことがあるブランドはあっただろうか? この3つのどれかを買えば、きっとスウェットがパジャマであるという概念は簡単に崩れるだろう。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する