1. 春風のように柔らかい。この春おすすめ“白パンツ”を使ったコーディネート入門書

春風のように柔らかい。この春おすすめ“白パンツ”を使ったコーディネート入門書

出典:www.fashionbeans.com

 去年からファッションアイテムとして注目を浴びてきたのが“白パンツ”である。今となっては白パンツを街角で見かけることは珍しくなくなった。

 しかし、白パンツはあくまでパンツ。コーディーネート全体の一部でしかない。これを履き違えて、白パンツ“だけ”のファッションになってしまっている人が非常に多く感じる。

 そこで、今回は白パンツを“使った”コーディネートを紹介しよう。今から紹介するコーディネートを見ても、決して白パンツだけに目が行くことはないはずだ。

ロールアップ白パン×デニムシャツで爽やかな大人に

 白パンツとデニムシャツの組み合わせは爽やかな大人のイメージを与えてくれる。全体のメインを白に統一ことで、クセのあるデニムシャツがスッキリと感じられる。
 
 ポイントはやや太めの白パンツをロールアップして履くこと。ピッタリ白パンをロールアップしないで履くと、アウターのデニムも合わさって暑苦しい印象を与えてしまうからだ。デニムシャツはゆったり白パンに限るのだ。

白スキニーは青シャツと合わせることで大人セクシーに

出典:kurumani.com
 白スキニーは青シャツと合わせてスッキリした印象に。一見ありきたりなファッションにも見えるが、白スキニーにもっともマッチするのは青シャツなのだ。

 ポイントは青シャツをザックリ着こなすこと。キッチリ着てしまうと長袖×長ズボンでとても暑苦しい。胸元は第2ボタンまで開け、ガッツリ腕まくりすると、白パンの洗練された印象も合わさってセクシーに見える。

大人の香り漂う地味色コートと組み合わせて上質な紳士コーデ

 大人らしい雰囲気を醸し出したいロケーションでは、アウターにネイビーかベージュ、緑などの渋い色のものをチョイス。程よいサイズの白パンを紳士カジュアルに着こなせる。

 インナーシャツにもこだわり、レトロだが柄のあるネルシャツなどで白パン臭さを消してもいいかも。

 
 今回は白パンツを使った大人向けコーディネートを紹介した。白パンツにはまだまだ様々なコーデができますが、常に「白パンツは全体の一部」という事を忘れずに、自分なりの白パンツコーデを楽しんでほしい。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する