1. お弁当箱の代わりにもなる。高い保温性がウリのタンブラー、3つの使い道

お弁当箱の代わりにもなる。高い保温性がウリのタンブラー、3つの使い道

by notphilatall

 最近、サードウェーブコーヒーブームもあり、手軽にコーヒーを楽しむ機会が増えてきた。自分で淹れたコーヒーや紅茶を外でも楽しみたいのであれば、タンブラーを持ち歩いてみてはどうだろうか。

 今回は、オススメのタンブラーとともに、タンブラーを利用するシーンを紹介していく。タンブラーが活躍するシーンとは、どこにあるのだろうか?

自分のお気に入りのドリンクを持ち運ぶ

by Anthony P Buce

 タンブラーといえば、真っ先に思いつくのが、屋外での利用シーンという人も多いだろう。自分の家でコーヒーや紅茶を淹れて持ち運べば、経済的であるし、また、自分の好みに調整したドリンクを楽しむことができる。

 また、カフェにタンブラーを持ち込めば、ドリンクをタンブラーにいれてくれるサービスがあるのもメリットの1つだろう。温かさを維持したまま味わうことができるタンブラーは、コーヒー好きであれば持っておきたいアイテムだと言えるだろう。


家でタンブラーを利用する

 保温性の優れたタンブラーは家での利用でも活躍する。特に、Thermos(サーモス)の販売している真空断熱タンブラーは、氷を入れていても何時間も溶けないほど、温度を保ち続ける効果がある。

 キャップを付けることで、持ち運びをすることもできるものや、キャップによって密閉されているタイプもあるので、高性能なタンブラーが欲しいのであればまず選択肢に入るタンブラーといえるだろう。


タンブラーをお弁当箱代わりに利用する

 最近では、タンブラーの優れた保温性やスペースを取らない点が注目され、タンブラーをお弁当箱代わりに利用する“タンブラーランチ”というものが話題を集めている。

 弁当箱と違って汁気のあるものも入れることができ、また、熱湯をいれておいてパスタを作るなどアレンジの仕方は様々。タンブラーの意外な利用方法だが、知っておいて損はないだろう。




 タンブラーにはドリンクを持ち運ぶ以外にも様々な使用用途が隠されている。その高い保温性を生かしたタンブラーランチなど、使用できるシーンも多いので、タンブラーを持っていないという方はこの機会に購入してみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する