1. 書きやすいボールペンは作業の効率も高める。ストレスフリーで書くことができるボールペン3選

書きやすいボールペンは作業の効率も高める。ストレスフリーで書くことができるボールペン3選

by photosteve101

 書くことが多いビジネスマンであれば、安い普段使いのボールペンにもこだわりを持ちたいものだ。書きやすいボールペンを持っていれば、作業の邪魔にもならないし、なによりアウトプットとインプットが効率良くできるだろう。

 今回は、比較的廉価なボールペンの中から、書きやすいボールペンをいくつか紹介する。書き味が良いボールペンを使って、仕事の効率を上げていこう。

ぺんてる ビクーニャ

出典:prtimes.jp

 油性のボールペンの中で抜群の書きやすさを誇るのが、ぺんてるの発売しているビクーニャではないだろうか。ビクーニャの特徴は油性ペンであるのも関わらず滑らかに書くことができるという点だ。まるで水性ペンを使っているかのような書き心地は、他の油性ボールペンではなかなか味わうことができない感触である。


ぺんてる エナージェル

出典:kogyokudo.otemo-yan.net

 もともとなめらかな書き心地が特徴となっている水性ペンだが、その中でも、特に素晴らしく書きやすいと評判なのが、ぺんてるのエナージェルだ。エナージェルを持てば、水性ボールペンの持つなめらかな書き心地を十分楽しむことができるだろう。

 インクに速乾性があるため、水性ボールペンの弱点である滲みや汚れやすいさが比較的少ないのも特徴の1つ。水性ボールペンの良さを活かしながらデメリットを極力抑えたボールペンである。

PILOT ドクターグリップ

出典:review.rakuten.co.jp

 書きやすさという点で無視できないのが、グリップ機能に優れたPILOT(パイロット)のドクターグリップではないだろうか。ドクターグリップというと、中高生のシャープペンシルというイメージがあるが、実はボールペンタイプもある。

 黒を基調としたフルブラックと、純白のピュアホワイトは高級感もあり、ビジネスに適している。書いていて疲れが溜まりにくいドクターグリップも、書きやすいボールペンとして十分の機能を持っているのだ。



 書きやすいボールペンは作業を捗らせる効果もある。高級なボールペンを持つのもいいが、作業につかうのであれば、機能性を重視した書きやすいボールペンをいくつか持っておくといいのではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する