1. シンプルで素朴なデザインも魅力。アレンジできる楽しさが詰め込まれた無印良品のベッド

シンプルで素朴なデザインも魅力。アレンジできる楽しさが詰め込まれた無印良品のベッド

出典:www.muji.net

 寝室で一番大きな家具と言えば、ベッドだが、その骨格となる部分がベッドフレームだ。ベッドフレームをうまく選ぶことで、自分のライフスタイルに合った寝室作りをすることができる。

 今回紹介するのは、無印良品のベッドフレームだ。無印良品のベッドフレームはデザインが素朴で美しいことはもちろん、アレンジできる楽しさもあり、インテリアの幅が広がりやすいという特徴がある。それでは、無印良品のベッドフレームの魅力を示していこう。

無印良品のベッドフレームはアレンジが効く

出典:www.muji.net

 無印良品の木製ベッドフレームは部品を自由に付け替えることができる。そのため、自分の使い方に合った利用法で使用することができるのだ。

出典:www.muji.net

 部品を組み合わせることで、ソファベッドに早変わり。このような柔軟な使い方ができるのも、木製ベッドフレームの魅力の1つだといえるだろう。
出典:www.muji.net

 また、このように平置きの形で使うこともできる。本体は、ウッドスプリングでできているため、通気性が良く、このように床に平置きの状態でも利用することができるというわけだ。


ボックスを使えば、一気に収納スペースが広がる

出典:www.muji.net

 木製ベッドフレームは、下の部分が空くため、専用の収納ボックスを利用すれば収納スペースを一気に広げることも可能だ。

出典:www.muji.net

 また、収納ベッドと呼ばれるベッドフレームを用いれば、ベッドの下がすべて収納スペースとなる。シェルフの部分もあり、見せる収納も兼ねているため、インテリアとして非常に重宝しそうなベッドフレームだ。


マットレスに脚を付ければ、こんなに幅が広がる

出典:www.muji.net

 マットレスにそのまま脚を付けた、脚付マットレスも無印良品の人気商品の1つ。ベッドフレームがないため、価格が安く抑えられることだけでなく、インテリアとしても非常に美しいフォルムだと言えるだろう。

 また、ベッドフレームがないことで、ベッドとしてだけでなく、ソファとして利用することもできる。狭い部屋を有効活用したいという場合にはまず選択肢になるベッドだと言えるだろう。




 無印良品のベッドは、シンプルで飾らない美しさを持つだけでなく、アレンジして自分好みの使い方ができるという魅力もある。どのような使い方をしてコーディネートするか考えながら購入できる楽しさは、無印良品のベッドの最大の特徴と言っていいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する