1. ホリエモンがネットビジネスで勝ち残る人材を語る! 「これからは『文章が書ける○○』が強い!」

ホリエモンがネットビジネスで勝ち残る人材を語る! 「これからは『文章が書ける○○』が強い!」


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.477〜仮想世界ビジネスは成功する!?〜」では、ホリエモンがネットビジネスの世界で勝ち残れる人材について話した。

 今回取り上げたのは、「堀江さんは『Second Life』 や『アメーバピグ』、『LINE PLAY』などの仮想世界型ビジネスについてどうお考えでしょうか。例えば、仮想世界と­現実世界を融合したような仮想モール型のビジネスは成功すると思いますか?」という質問。

「仮想世界ビジネスはますます拡大するはず!」

 ホリエモンは、「Second Lifeは失敗しているけど、アメーバピグはそれなりに上手くいっている、というか成功していると思いますよ。『Oculus Rift』のお手軽版などが普及するなどして、もっと身近なモデルが出てくると思いますよ」と回答。

 ホリエモンは、「例えば、アバターを使用したゲーム(MMORPGなど)が流行っているけど、あれは完全に仮想世界ビジネスだよね」と仮想世界という概念が広がっていることを示した。バーチャルリアリティに特化したヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の登場もあって、仮想世界ビジネスはさらにその範囲を広げていきそうだ。

 ただ、ホリエモンは仮想モールでの売買は少し先の話になると予想しているが、今回のゲストでロケットベンチャー株式会社 代表の龍川誠氏はもっと近い未来での実現を予想。

 例えば、現実のおもちゃを買うと仮想世界のアイテムが貰えるといったビジネス手法も特にアメリカなどでは一般的になっている。仮想世界ビジネスは、今後様々な形で私たちの生活に関わってきそうだ。

「これからは『文章を書ける○○』が大きな価値を持つよ!」


 続いて話題は、龍川氏が運営する女性向けキュレーションメディア「4meee!」へ。ホリエモンが感心しているのは、「4meee!」で人気の記事を書いたライターがプロブロガーのように知名度を上げていることだ。

 「4meee!」は以前から人気のモデルなどにも執筆を依頼しており、もちろんこうした人の記事が人気を集めることもある。そうすれば、彼女たちはモデルとしてだけではなく、ライターとしての人気も集めることもできるだろう。

 ホリエモンはこうした流れについて、「これからは『文章を書ける』というのが大きな付加価値になるよ」と指摘。「文章を書けるモデル」「文章を書けるデザイナー」というように、様々なジャンルでライターもこなせる人材が現れるかもしれない。


 仮想世界ビジネスも含めて、これからネットを活用したビジネスはどんどん拡大する。そうした時に生き残れるのは、文章力などを始めとした「自分でものを売る力」を持った人材なのではないだろうか?


 ホリエモンが仮想世界ビジネスの将来、そしてそこで必要とされる人材を語った「堀江貴文のQ&A vol.477〜仮想世界ビジネスは成功する!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する