1. 間接照明やシェードとして大活躍。広がる光を楽しむことができる丸い照明

間接照明やシェードとして大活躍。広がる光を楽しむことができる丸い照明

出典:www.archiproducts.com

 インテリアの鍵といえるのが、光をコントロールする照明だ。照明の光によって、家具や部屋全体の見え方は大きく変わってしまうだろう。

 上下左右関係なく均一に光を発する丸い照明は、柔らかい光で全体を照らしだす。ここでは、そのような丸い形の照明をいくつか紹介していこう。

無印良品 ペンダントライト丸

出典:www.muji.net

 まず紹介したいのは、無印良品のペンダントライト丸だ。ペンダントライト丸の特徴はそのフォルムにある。完全な球体を目指して作られたデザインは、細部のキャップやスタンドからも明かりが漏れない完全な丸を実現している。

 半透明なアクリルでできているため、光が優しく漏れだす設計となっており、柔らかい印象をダイニングやリビングに与えるのも魅力的だと言えるだろう。


IKEA REGOLIT

出典:archiwum.allegro.pl

 IKEA(イケア)のREGOLITは、無印良品のものとは違い、デザインに特徴がある丸型の照明だ。竹の棒に和紙を巻いているので、洋風なインテリアにも和風なインテリアにも合うだろう。

 和紙でできているため、模様を付けることでアレンジができるのも魅力の1つ。ペンやマスキングテープを利用して自分だけのオリジナルランプシェードを作ってみても面白いかもしれない。


ニトリ アサボシリーズ

出典:photozou.jp

 ニトリのアサボシリーズは、IKEAや無印良品のものとは違い、麻を編んで作られているため、光の漏れ具合を楽しむことができる照明となっている。

 間接照明として利用すると、影が微妙にできるため、ムードがあるインテリアコーディネートをすることができるだろう。暖色系の電球を取り付け、部屋のアクセントにしてみてはいかがだろうか。



 丸いランプシェードは使いにくい印象を受ける人も多いかもしれない。しかし、ペンダントシェードとしても、間接照明としても使い方によっては部屋の印象を変えることができるのだ。照明でインテリアのアクセントを付けたいという方の参考になれば幸いだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する