1. 革独自の味わいある変化を楽しむ。初心者が知っておくべき、革靴のケアに欠かせないブランド3選

革独自の味わいある変化を楽しむ。初心者が知っておくべき、革靴のケアに欠かせないブランド3選

出典:www.tedswoodworking.com

 革靴が兼ね備えている品格を維持し、良い状態で長く履き続けるためには日々のケアが欠かせない。また、定期的にメンテナンスを行うことで革の風合いが増していき、革独自の味わいある変化を楽しむことができる。

 ここでは、お気に入りの革靴を長持ちさせ、自分好みの一足へと仕上げていくために知っておくべき「シューケアブランド」を紹介していく。

DASCO(ダスコ)

出典:boutique.boq.jp

 シューツリーのトップメーカーとして知られているのがイギリスの老舗ブランド「DASCO(ダスコ)」。木型や木製のシューツリーの開発で成功を収めた後、高級靴クリーム、クリーナー、スプレーといったシューケア用品を展開することでシューケア用品のブランドとして不動の地位を築きあげた。

 「チャーチ」「クロケット&ジョーンズ」「ジョン・ロブ・ロンドン」といった高級紳士靴メーカーが絶大な信頼を寄せるほどのクオリティを誇るシューケア用品の数々は、あなたが履く革靴をお洒落に格上げしてくれるはずだ。



「M.MOWBRAY(エム・モウブレイ)」

出典:item.rakuten.co.jp

 「M.MOWBRAY(エム・モウブレイ)」は、プロのシューファクトリーやシューブランド、 靴愛好家の人たちから愛され続けるシューケア用品のトップブランド。革靴を履く人であれば、鮮やかな水色のラベルを一度は目にしたことがあるのではないだろうか。

 機械による大量生産が当たり前となった今の時代には珍しく、すべての商品の製造を熟練の職人によるハンドメイドに強くこだわっている。そうした姿勢も、プロのシューファクトリーや革靴愛好家の心を掴んで離さない。



Collonil(コロニル)

出典:www.collonil.co.uk

 1909年にドイツのベルリンで創業し、100年以上の歴史を紡いできた老舗ブランド「Collonil(コロニル)」。世界初のスポンジ付きチューブ状の靴墨を発明するなど、画期的な商品で新しい文化を築き上げてきた同社だが、特筆すべきは品質の高さ。

 1978年、ペーターハーベラー、ラインホルトメスナーらがエベレスト無酸素遠征といった数々の遠征で使用されるなど、「Collonil(コロニル)」のシューケア商品は革靴の耐久性を一段上へと引き上げてくれる。





 安価なシューケア商品で革靴の手入れを行うのではなく、伝統と歴史を守り続けてきた老舗ブランドの逸品でケアすることによって、革靴の品格が更に増し、味わいある一足へと変化を遂げるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する