1. 照明の光で空間をデザインする。インテリアとしても知っておきたい、照明の色の種類

照明の光で空間をデザインする。インテリアとしても知っておきたい、照明の色の種類

by maureen lunn

 インテリアとは部屋という空間をデザインすることでもある。家具やカーテンなどのインテリア小物にこだわるのであれば、もう1つこだわって欲しいのが照明だ。照明の色をコントロールするだけで、空間の雰囲気というのは大きく変わるだろう。

 今回は、部屋の印象を変える照明の色についていくつか紹介していく。自分の部屋にあった照明の色を見つけてみよう。

覚えておきたい照明の色の種類

by Spigoo

 照明の色は大きく分けて昼白色、昼光色、電球色の3種類が存在する。昼白色は青みがかった色、昼光色は白っぽい色、電球色はオレンジっぽい色である。

 電球を選ぶとき、適当に購入していると部屋で複数の照明を使っている場合、色がバラバラになってしまうこともある。まずはこの3種類の照明の色を覚えておこう。

書斎やワークスペース向きな昼白色

by amira_a

 すっきりとした昼白色は、クールな印象を部屋に与える。青みがかった光は集中力を増す効果があるため、書斎やワークスペースの照明を昼白色のものにすると良いだろう。

 青みがかった光は、冷静に仕事をする環境をもたらしてくれる。クールで落ち着いた印象の部屋を作りたいときは昼白色を効果的に利用してみてはどうだろうか。

真昼のような昼光色は自然な印象を与える

by glasseyes view

 昼光色は最もスタンダードな照明の色と言ってもいいだろう。太陽の光にちかい赤みをもった昼白色は、ナチュラルな印象を部屋に与えてくれる。

 色の変化がわかりやすいのも昼光色の特徴だ。複数の色を使ったインテリアコーディネーターをしている場合、色が映えやすいのは昼光色だと言える。色の違いが良く見え、カラフルさを際だたせることができるだろう。

暖かい電球色は食卓などの人が集まる場所に

by Infomastern

 オレンジ色をした暖色系の電球色は、食卓に良く似合う。オレンジが料理を美味しく見せてくれるだろう。また、グラスなどを艶やかに見せる効果もあり、キッチン周りのインテリアを効果的に見せることができる。

 電球色は人を落ち着かせる効果も持っている。そのため、寝室のスタンドランプなどをオレンジにしておくと、リラックスして眠りに入ることができるのではないだろうか。


 最近ではLED照明もあり、色をシーンによって変更できる機能が付いたものも存在する。照明の色について理解していれば、シーンに合った照明を選択することができ、空間をデザインすることができるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する