1. 今季は何がトレンドになる? 単調になりがちな「クールビズスタイル」もトレンドを取り入れる!

今季は何がトレンドになる? 単調になりがちな「クールビズスタイル」もトレンドを取り入れる!

出典:www.imcooltools.com

 ジャケットやネクタイを着用しない「クールビズスタイル」。シャツが主役となるアイテムになるからこそ、清涼感のある見た目や着心地だけでなく、一枚でサマになるかどうかも選択基準に入れたいところ。

 どれも同じと思われてしまいがちな「シャツ」だが、きちんとトレンドが存在する。単調になりがちな「クールビズスタイル」にメリハリをつけるためにも、今シーズンのトレンドを今のうちに押さえていこう。

清涼素材を使用したシャツに注目!

出典:www.sharperliving.co.uk

 「クールビズスタイル」は単純にジャケットを脱ぎ、ネクタイを外したら完成するというものではない。暑い季節を快適に過ごすためには「素材」に注目し、シャツ選びをすることが大切。

 気温が上がり始めた今、シャツを新調するという人は下記の清涼素材を使用したシャツを選ぶといいだろう。

肌触りの柔らかさとしっとりした光沢感が特徴的な「鹿の子」

出典:camicianista.com

 清涼素材と聞いたら、まず「鹿の子」を頭に浮かべる人も多いだろう。「鹿の子」はスポーツウェアにもよく使用される素材で、通気性がよく、サラリとした着用感が味わうことができる。

乾きやすく耐久性に優れている「リネン混」

出典:www.mmasiello.com

 「リネン混」は「鹿の子」と同様に通気性が良いため、サラリとした着用感が味わえる。しかし、最大の特徴は他にある。麻が混ざった素材ということで、乾きやすく耐久性がある。

 汗も乾きやすく、洗濯の回数が増えてもへこたれない「リネン混」のシャツは、「クールビズスタイル」に欠かせない一枚といえるだろう。

シアサッカー

出典:birthday04.exblog.jp

 “しじら織り”とも呼ばれる素朴な風合いが印象的な「シアサッカー」のシャツ。シボと呼ばれる波のようなシワが、生地の表面に凸凹とあることが最大の特徴となっており、これのおかげで生地が肌に触れる面積が少なくなり、暑い時期でも涼しく感じることができる。

 ただし、縮んだり色落ちしたりする可能性が高い素材でもあるので、洗濯をするときは十分に注意が必要だ。

クールマックス

出典:www.united-athle.jp

 トップアスリートがそれぞれの分野でさらに長時間の激しい運動ができるよう開発された「クールマックス」はシャツにも素材として用いられ、「クールビズスタイル」に着用する一枚として活躍してくれる。

 通気性や着心地の良さに加え、吸水速乾性、イージーケア性に優れているのが最大の魅力となっている。

今季は「ホリゾンタルカラー」が人気の兆し?

出典:blog.osamusi.net

 「クルービズスタイル」のシャツとして選ぶべき素材がわかったら、トレンドを意識してみてほしい。今年の「クールビズスタイル」には、昨年から少しずつ人気を博していた「ホリゾンタルカラー」がトレンドの襟型として注目を集めている。

 襟羽根の開きが水平に近い「ホリゾンタルカラー」は、ノータイのときは襟がオープンカラーのように美しく開き、清涼感と上品さの両方を同時に演出してくれる。一方で、タイドアップにも対応してくれるので一枚持っておけば、あらゆるシーンで活躍してくれるはずだ。

色は「濃いブルー」に注目

出典:www.realmenrealstyle.com

 デニムブームが熱を帯びてきたということもあり、今年のトレンドカラーとして「インディゴブルー」が挙げられるなど、濃い色のブルーが注目を集まる。

 そんなトレンドカラーともいえる「濃い色のブルー」をオフの日のコーディネートだけでなく、「クールビズスタイル」にも取り入れてみてはどうだろう。淡い色よりも上品さを演出できる。


 「クールビズスタイル」もスーツスタイルと同様にマンネリ化してしまいがちだが、トレンドを意識するだけで快適かつカッコいい着こなしが可能になる。「クールビズスタイル」への移行を目前に控えた今のうちに、トレンドを取り入れたアイテムをゲットしておくべきだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する