1. ホリエモン「次に流行るアフィリエイトは、人材紹介系かな」――スマホ時代に勝てるアフィリエイトは?

ホリエモン「次に流行るアフィリエイトは、人材紹介系かな」――スマホ時代に勝てるアフィリエイトは?


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.474〜アフィリエイトの今後!?〜」では、低迷も噂されるアフィリエイトの中で今後伸びる分野をホリエモンが解説した。

 今回取り上げたのは、「サラリーマンをしている37歳男です。なんとか­サラリーマンをやめて自由を手に入れたくて、アフィリエイトをはじめました。性にあって­いるのか、文章を書くのも楽しいですし、始めてすぐに報酬もありました。手応えを感­じたのでこれで食べて行けたらなぁと頑張ってますが、アフィリエイトは今後スマホアプ­リへのシフト、Google離れで廃れていくと思われますか?」という質問。

「ニュースアプリにピックされるようなアフィリエイトにすれば?」

 ホリエモンは、「スマホシフトをしても、例えばニュースアプリ経由の流入はあるのでバーティカルメディア的なサイトの流入は拡大するはず」と回答。

 ホリエモンも、今回のゲストで女性向けキュレーションメディア「4meee!」を運営するロケットベンチャー株式会社 代表の龍川誠氏もまだ成長の余地を感じているアフィリエイト。特に龍川氏は、「年間10%の伸びも十分ありうる」と強い期待を寄せている。

 とはいえ、従来の手法に改良を加える必要もある。アフィリエイトはこれまで検索流入を意識したものが多かったが、例えば「Gunosy」や「SmartNews」といったいま流行りのニュースアプリにまとめられるような専門性の高いサイトにすれば、スマホユーザーも多く獲得できるはずだ。

「人材紹介のアフィリエイトが来るよ!」


 ホリエモンが注目しているのが、人材紹介系のアフィリエイト。「特に、看護師や薬剤師のようなつぶしの効く仕事のアフィリエイトは人気になるよね」と話す。

 看護師や薬剤師はスキルが求められる仕事だが、逆に言えばスキルさえあればどの職場でも働くことができる。そのため、現在人気が高まっている転職市場と非常に相性がいい。

 また、ホリエモンは「一時期流行った乱暴なアフィリエイトは流行らないよね」と話す。とりあえずクリックさせるだけのようなアフィリエイトではなく、これからは一定のニーズがあり、ユーザーに価値を提供できるアフィリエイトが生き残っていくということではないか。


 ホリエモンがこれから生き残れるアフィリエイト、生き残れないアフィリエイトを語った「堀江貴文のQ&A vol.474〜アフィリエイトの今後!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する