1. ナイロンバッグが持つ「品のよさ」を台無しにしてるかも。表面についた汚れは自宅で簡単にケアできる

ナイロンバッグが持つ「品のよさ」を台無しにしてるかも。表面についた汚れは自宅で簡単にケアできる

 軽量で耐久性に優れているナイロン生地のバッグは多くのビジネスマンから人気を集め、今やビジネスバッグとして不動の地位を築きつつある。文句のつけどころがないほど、働く男をサポートしてくれるナイロン生地のバッグだが、レザータイプのバッグと比べると「汚れ」がつきやすく、意外と目立つもの。

 汚れているバッグを持っていては、ナイロン生地が持つ独特な「品のよさ」も台無しに。ナイロン生地のバッグについた汚れは簡単にとれるので面倒くさがらず、きちんと取るようにしよう。

バッグについたホコリなどを叩いて落とす

 汚れを落とす前に、まずはバッグについたホコリなどを叩いて落とそう。縫い目にもホコリが詰まっている可能性がある。そういった箇所は歯ブラシを使って、ホコリなどを落としていくのがベストだ。

タオルに薄めた中性洗剤をつけ、たたくように拭く

 そのあとは、軽く濡れたタオルに薄めた中性洗剤をつけ、たたくように拭いてみてほしい。この方法でナイロン生地のバッグについた、ある程度の汚れを落とせるはずだ。

それでも汚れが落ちないときは……

 「軽く叩いてみたけど汚れが落ちない……」そんなときは、中性洗剤でやさしく手洗いするといい。ゴシゴシ洗ってしまうと表面のコーティングが剥がれてしまう可能性があるので、あくまでやさしく手洗いすることを心がけてほしい。

風通しのいい場所で陰干し

 最後に、風通しのいい場所で陰干しを行えばナイロン生地のバッグの手入れは終了だ。湿気のある状態で放置してしまうと、カビが生える原因になるのできちんと乾かすことだけは忘れないでほしい。風通しのいい場所に1日置いておけば乾いているだろう。


 ナイロン生地が持つ「品のよさ」を保つためにも、「汚れが目立ってきたな……」と思ったら早めにケアを行ってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する