1. 悪用される前に早急な対応を。クレジットカードを紛失した時の再発行の仕方

悪用される前に早急な対応を。クレジットカードを紛失した時の再発行の仕方

出典:newsjunkiepost.com

 クレジットカードを紛失してしまったり、または盗難などの被害に遭ったりした場合、クレジットカードの再発行の手続きが必要となる。

 今回は、クレジットカードの再発行の手続きについて紹介していく。アクシデントによりクレジットカードが手元にない場合でも冷静に再発行の手続きを行おう。

まずしなければならないのはクレジットカードの停止手続き

by brainware3000

 紛失した場合でも盗難被害に遭った場合でも、まず行うべきなのはクレジットカードの停止手続きだ。クレジットカードの停止手続きのサポートセンターは365日24時間対応していることが多い。すぐに電話をすることで、クレジットカードが悪用される心配もなくなるだろう。

 大体の場合、停止手続きとともに再発行の手続きを同時に行うことができる。再発行の手続きも同時に行ってしまうことが賢明だろう。

再発行の際は審査が再び行なわれることがあるので注意

by kkirugi

 クレジットカードの再発行の際、気を付けなければならないのが、再びクレジットカードの発行を審査が行われる可能性があるということだ。

 再発行の審査では、過去の支払いの延滞履歴や、現在支払いが滞っていないかをチェックされる。軽度の延滞であれば良いが、ブラックリストに載るような支払いの延滞をしていると、再発行することが困難な場合もあるので注意が必要だ。

カード情報の更新を忘れずに

by FredCintra

 クレジットカードを再発行した際、クレジットカードの番号とセキュリティコードは安全のため変更となる。携帯電話の料金などをクレジットカードで支払っている場合、番号が変更されていないため、取引が完了しない恐れがある。

 取引が完了しないまま放置してしまうと信用情報が損なわれてしまうので注意が必要だ。クレジットカードを更新したら、携帯料金や水道などの公共料金の支払いのカード情報を更新しよう。多くの場合は、支払いを行っている携帯会社などのサイトから変更することができる。


 クレジットカードを紛失してしまったとき、重要なのは、取引を即座に停止し、再発行の手続きを行うことだ。

 再発行する際は、もう一度審査が行われるため、万が一のためにも、日頃の支払いは出来る限り済ませておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する