1. インテリアにも季節感を。春らしさで部屋の中を満たすためのインテリアコーディネート

インテリアにも季節感を。春らしさで部屋の中を満たすためのインテリアコーディネート

by

 インテリアの基本として、季節感を取り入れてコーディネートを変化させるという物がある。春の暖かい陽気が近づいてきたのであれば、部屋にも春らしさを取り入れてみよう。

 今回は、春らしさを表現するインテリアコーディネートのコツを紹介する。マンネリになりがちな部屋のインテリアに季節感を取り入れてみよう。

春らしい色をインテリアに取り入れる

by Nanagyei

 まず考えたいのは、インテリアに春らしい色を取り入れるということだ。秋はビビットで濃い目の色を選択するのに対して、春は淡いパステルカラーを基調とした色でまとめたい。

 カーテンやクッション、ラグなど、インテリア小物の色を淡いピンクなどに変えてみると、それだけで春らしいインテリアになる。まずは小物の色で工夫をしてみよう。

観葉植物などのグリーンを取り入れる

by stevendepolo

 春といえば、緑が生い茂る季節でもある。春っぽさをインテリアを表現するのであれば、グリーンを取り入れてみるものいいだろう。

 カーテンなどに花柄を取り入れると春らしさが出る。しかし、部屋全体がごちゃごちゃした印象を避けたいのであれば、観葉植物など、単色のアイテムを置くことでインテリアを引き締めるといいだろう。

部屋全体に光を取り入れる

by jinkazamah

 せっかく明るいトーンにしたのだから、部屋には光が入るように家具の配置などを変えてみよう。日光に当てられたパステルカラーなどはさらに映えるだろう。

 また、壁紙などをホワイトカラーにすることで、光を反射させ、部屋全体を明るくすることも春らしいインテリアを作るコツだと言える。光の入口と反射のさせ方を工夫し、春の木漏れ日で部屋を満たしてみてはいかがだろうか。



 季節の変わり目は、インテリアにもひと工夫したくなるもの。春であれば、淡い色のアイテムを取り入れてみたり、自然の植物や光をうまく使うことで春らしいインテリアを作ることができる。小物などを利用して部屋に春っぽさを演出してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する