1. 解約手続きは電話1本で。使わなくなったクレジットカードは早めに処分しよう

解約手続きは電話1本で。使わなくなったクレジットカードは早めに処分しよう

by NapInterrupted

 クレジットカードを持っている人の中で、毎年かかる年会費が負担になっているから、もしくは利用頻度が少ないので解約したいと考えている人はいないだろうか。

 クレジットカードの解約と聞くと、解約までの手続きが面倒くさそうだというイメージがあるが、実際はどうなのだろうか。今回はクレジットカードの解約方法を紹介しよう。

クレジットカードを解約するメリット

 クレジットカードを解約せずに持っていると、先にも述べたように年会費などのコストが余計に生じてしまう。無駄に年会費を払っている可能性がある場合は解約を選択肢に入れてみるのも良いだろう。

 また、クレジットカードが悪用されないようにする、セキリュティ面でも解約はメリットが大きい。持っていて利用する価値がないと感じたら、なるべく早く解約してしまう方がメリットは大きいと言えるだろう。

解約する際は電話1本でできる場合が多い

by nate steiner

 ほとんどのクレジットカードは解約をする場合、サービスデスクに電話をするだけで解約手続きが行われる。本人確認が行われるので、クレジットカードは手元に合ったほうが良いだろう。

 多くの場合、解約には手数料がかからない。仮に解約手数料がかかる場合でも、2000円前後の場合が多く、それほどの負担にはならないだろう。

解約したら、手元のカードも処分しよう

by m01229

 クレジットカードには署名欄の名前だけでなく、口座番号や利用している銀行名など、多くの個人情報が含まれている。解約したのであれば、手元にあるクレジットカードそのものもしっかりと処分してしまおう。

 ハサミでカットするのがクレジットカードの処分では一般的だが、ポイントは、ICチップや磁気データの通る部分を破壊してしまうこと。解約してもデータは残っているため、念入りに切っておくと悪用されるリスクは低くなる。


 コストやリスク低減のためにクレジットカードを解約したいと思ったのであれば、電話で簡単に解約できるのでなるべく早い段階で解約してしまうことをおすすめする。自分のクレジットカードの運用方法を見直し、不要なクレジットカードは解約の手続きを取ってしまおう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する