1. シンプルな中にある奥深さ。インテリアとしても重宝する掛け時計3選

シンプルな中にある奥深さ。インテリアとしても重宝する掛け時計3選

出典:www.sitebuilderreport.com

 部屋全体に時を知らせる役割を持つのが掛け時計だ。時を知らせるという機能も重要だが、壁に掛けることでインテリアの役割も果たすのが掛け時計の特徴でもある。

 今回紹介するのは、デザインとして優れていることはもちろんのこと、視認性にも優れしっかりと時を刻んでくれるシンプルでモダンな掛け時計だ。シンプルな掛け時計をインテリアに取り入れたい方にオススメの掛け時計をいくつか紹介しよう。

LEMNOS 日比谷の時計

出典:metrocs.jp

 日本を代表するデザインクロックメーカーとして知られているLEMNOS。この日比谷の時計は、1972年に設置され、現在も日比谷の第一生命本社のポール時計として利用されていることから、この名前が付けられた。

 高い視認性とシンプルなデザインは、時計を手がけたジャパニーズデザインの祖、渡辺力氏も会心作だと認めている。シンプルなデザインは様々なインテリアにも融合するだろう。


Kahler Ora

出典:bungalow5.dk

 デンマークの老舗セラミックブランド、Kalher(ケーラー)によってデザインされたのがOraという掛け時計だ。

 陶器が持つ、独特の温かみを感じることができ、文字盤の微妙な凹凸によっていくつもの表情を見せてくれる。北欧のブランドであることから、北欧風インテリアに合うことはもちろん、様々な部屋に合う飽きのこない掛け時計となっている。


ROSENDAHL CITY HALL

出典:www.wand-und-beet.de

 ヨーロッパにおいて数々の近代的建造物をデザインした、アルネ・ヤコブセン。ヤコブセンはトータルデザインをすることで知られており、建築物だけでなく数々のウォールクロックの名作も残している。

 CITY HALLは、ルードブレ市庁舎と共にヤコブセンがデザインした掛け時計。ケースと文字盤が一体となっており、丸みを帯びたデザインによって立体感を表現している。シンプルでありながらも、その独特のフォルムによっていくつもの表情を持つ掛け時計だと言えるだろう。



 今回は、シンプルなデザインでありながらも、無個性になることがないデザインの掛け時計をいくつか紹介した。時を刻む時計としての役割だけでなく、ここで紹介した掛け時計であれば、壁に掛けるインテリアとしての役割を十分に果たしてくれるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する