1. 身だしなみは日頃のメンテナンスから。シャツを美しく、長く使うためのアイロンの掛け方

身だしなみは日頃のメンテナンスから。シャツを美しく、長く使うためのアイロンの掛け方

出典:de.de

 ビジネスファッションの中でも、シャツは最も出番の多いアイテムかもしれない。シャツを着用した後には、洗濯・乾燥・アイロン掛けの手順を踏むと思うが、パリッとした清潔感あふれるシャツを着こなすには「アイロン掛け」が一番重要な作業かもしれない。

 洗いざらしのオックスフォードは絵になるが、ドレッシーな生地になるほどシワは厳禁。ここでシャツの正しいアイロン掛けの方法知っておこう。

①細かい部分からアイロンを掛ける

出典:www.d-department.com

 アイロンの鉄則は、細かいところから掛けること。まずはカフ部分に裏からアイロンを当てていく。前立ては、ボタンがついている方からアイロンを当てる。アイロンの先端を小刻みに動かすのがポイント。

②ボディ部分は順番を守って

出典:www.telegraph.co.uk

 次に、大きく面積を占めるボディ部分に移る。脇の耳部分はアイロンの先端を耳の下に入れ、しっかりと小ジワを伸ばしていく。あとは、右身頃→右脇→後身頃→左脇→左身頃の順に掛けていく。左身頃から始める場合には、この順番を逆にすればよい。ポケットはシワになりやすいので、縦横で入念に。

③シャツの顔、「襟」は慎重に

出典:www.cambridgeuniforms.com

 シャツの顔である襟には、一番の注意が必要だ。表と裏両面から当てるので、まずは裏(襟を立てたときに中にくる側)から当てていく。両面とも襟先から襟の中心に向けてアイロンを掛けることを意識して。

④保管まで気を抜かない!

出典:www.amazon.co.jp

 シャツにアイロンを掛け終えたら、ハンガーに吊るすか畳んでしまうか、せっかく伸ばしたシワが戻らないように保管しよう。ここで注意したいのが、しっかりと熱と水分を抜いてから保管すること。ハンガーに掛けて、風通しの良い場所に数分間干してから保管しよう。

 
 きちんとアイロン掛けすることで見栄えが良くなるだけでなく、シャツの寿命も長くなる。身だしなみは日頃のメンテナンスから。清々しくシャツを着用するためにも、正しいアイロンの掛け方を覚えておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する