1. 相棒となる「ビジネスバッグ」の選び方。5つの基準を守れば、間違いのない一品が必ず見つかる!

相棒となる「ビジネスバッグ」の選び方。5つの基準を守れば、間違いのない一品が必ず見つかる!

出典:blog.trashness.com

 ビジネスマンの相棒ともいうべき存在「ビジネスバッグ」。毎日使うアイテムだからこそ、選ぶときは通勤に必要な携行品や仕事で使う書類を持ち運べる収納力はもちろんのこと、周りからの印象も考慮しデザイン面にも気を配りたいところ。

 間違いのないビジネスバッグを選ぶには、どんなことを意識すれば良いのだろうか? ここでは、ビジネスバックを選ぶときの基準にしたい5つのポイントを紹介する。

ビジネスバックを選ぶときの基準にしたい5つのポイント

出典:colourfulrebel.com

 ビジネスバッグを選ぶ際、色々と難しく考えてしまいがちだが、基本的には5つのポイントを満たしていれば間違いない。

1. 素材はナイロン or キャンバス

出典:dcolle-mensbag.jp

 ビジネスバッグは本来、スーツスタイルを格上げしてくれるレザータイプのものを選ぶのが好ましい。しかし、持ち運ぶ荷物の量を考えると耐久性に優れ、軽量なナイロンかキャンバス素材のバッグを選ぶのがベスト。

2. 持ち手はレザー

 ボディの素材は軽量なナイロンかキャンバスがいいが、持ち手の部分は使うほどに馴染んでいくレザータイプが好ましい。

3. 色はダークカラーが基本

 ナイロンやキャンバス素材のビジネスバッグはカジュアルな印象が強いので、色はダークカラーにして落ち着いた印象を演出したい。

 ブラックやネイビー、ブラウンといった色であれば失敗することはないだろう。ただし、ライトブラウンはカジュアル感が強いので避けるのが無難だ。

4. 大きさはA4サイズの書類が入るくらい

 バッグの大きさは、書類の一般的なサイズあでる「A4」が入る大きさが丁度いい。容量が大きいバッグも便利だが、持ち運びやすさという観点からすると多少問題がある。

 持ち運びと収納という2つのバランスを考えたら、A4サイズの書類が入るくらいがベストサイズだ。

5. きちんと自立するかどうか

 ビジネスバッグは通勤時や外出時に地面に置くことが多いので、きちんと自立するかどうかも選ぶときは意識したい。底面に傷がつかない底鋲がついていると尚良し。

このブランドのバッグなら間違いない

 この5つのポイントを満たしていれば、ビジネスシーンで使うバッグとして問題ない。ただ、どこでバッグを買えばいいか悩む人もいるだろう。

 オススメしたいのは「Orobianco」や「Burberry」、「Daniel&Bob」といった有名ブランドのビジネスバッグ。5つのポイントを満たしているバッグを多く世に出しているため、失敗もなく、また長く愛用できる。

「Orobianco」

出典:orobiancostore.com

「Burberry」

出典:www.burberry-blacklabel.com


「Daniel&Bob」

出典:shop.sellts.com




 毎日使う「ビジネスバッグ」は収納力、デザイン面の双方を兼ね備えた一品を手にしたい。上記のブランド以外にも良質なビジネスバッグを手がけるブランドは数多く存在する。5つのポイントを守りつつ、自分好みのバッグを見つけてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する