1. 心もデスクも綺麗だと気分がいい。散らかりがちなデスク周りを整理するコツ

心もデスクも綺麗だと気分がいい。散らかりがちなデスク周りを整理するコツ

出典:41.media.tumblr.com

 仕事をするデスク周りは綺麗な方が清々しい。しかし、仕事に熱中していると、気付いた時には資料が散らかっていたという経験がある人もいるのではないだろうか。

 効率よく仕事をするためにも、デスクが散らからないように心がけたいものだ。今回は、デスク周りを綺麗に、かつ、お洒落に整理するためのアイテムを紹介しよう。オフィスワークの人のみならず、在宅で仕事をしているフリーランスも参考になるはずだ。

デスクの一部分にアイデアを集約する

出典:www.snuut.com

 デスクは綺麗な方が美しいが、クリエイティビティは混沌とした机から生まれるという意見もあるだろう。事実、Apple社の元CEOであるスティーブ・ジョブズのデスク周りは相当汚かったそうだ。

 しかし、デスク周りを綺麗にしつつ、クリエイティビティを損ねない方法がある。ボードを用いるというものだ。コルクボードやマグネットボードなど、紙を貼りつけられる物であれば問題ない。デスクのエリア内に一箇所だけラフにアイデア出しができるポイントを作ってみよう。



乱れた電源ケーブルをスッキリさせるケーブルボックス

出典:urbanutility.com

 PCやスマートフォン、タブレットなど、IT機器を活用している人の悩みは電源ケーブル周りの乱れ。電源タップの接続部は特にデスクで邪魔になりがち。そこでおすすめしたいのが、ケーブルボックスを利用すること。

 単純ではあるが、電源タップをケーブルボックスに収納するだけでいい。現在では様々なデザイン、サイズのものが販売されているのでデスクに合わせたスタイルで選んで欲しい。また、構造がシンプルなためDIYで自作することもできる。




モニタースタンドは出来る限りシンプルに

出典:p-fst2.pixstatic.com

 デスクのスペースを広くするためには、PCのモニタースタンドを用いると良い。モニタースタンドには、USB端子やSDスロットのある多機能なモニタースタンドもある。しかし、出来る限りそういった機能の無いシンプルなモニタースタンドを選ぶべきだ。

 なぜなら、多機能であるほどスタンドの厚みが増すため、スタンド下の空間が狭くなってしまうから。そして、それらの機能は使わなくても問題ない場合が多い。シンプルなモニタースタンドなら、その下のスペースをキーボード収納にしても良いし、引き出し型の収納ボックスを入れておくこともできるため、応用できる幅が広い。




 デスク周りの整理をすることは単に綺麗に見えるだけでなく、仕事の効率にも影響する。近年販売されている省スペースアイテムには、デザイン性と機能性の両方が考慮されているものも多い。ぜひ、これらを参考にデスク周りの整理をしてみては?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する