1. いつも部屋にある安心感。インテリアとしても秀逸な、個性的でお洒落な「掛け時計」まとめ

いつも部屋にある安心感。インテリアとしても秀逸な、個性的でお洒落な「掛け時計」まとめ

出典:i00.i.aliimg.com

 現代では肌身離さずスマートフォンを持っている人が多い。時間など、スマートフォンから確認できるため、部屋に時計を設置していない人もいるのではないだろうか。

 掛け時計は、ただ時間を確認するためだけでなく、インテリアとしてデザインが秀逸なものが沢山ある。今回は、個性的でお洒落な掛け時計を紹介するので、これを機に掛け時計に興味を持っていただけたら幸いだ。

部屋に馴染みの良いデジタル掛け時計

出典:dornob.com

 一般的なデジタル表記の時計は、デザインがメカニカルすぎるためインテリアとマッチしづらい。デジタル表記は視覚的に便利でも、部屋とのミスマッチからくる「ダサさ」を感じて懸念している人もいるのではないだろうか。

 しかし、Vadim Kibardinがデザインした「Black&White Clock」のような、数字だけを抜き出した掛け時計はどうだろうか。デジタル時計特有の野暮ったさを解消し、読みやすさも損ねない仕様となっている。


時間を読まずに感じるミニマルな掛け時計

出典:www.momastore.jp

 プライベートな空間に飾る掛け時計。1分刻みで時刻を表示されると、窮屈さを感じることも。「休日は細かいことを気にしたくない。」そんな時、おすすめなのが時刻表示のないミニマルデザインの掛け時計だ。

 時針と分針、秒針だけで構成されており、具体的な時間は記載されていないので「時間を読む」から「時間を感じる」ようになる。イスラエル出身の2人のデザイナーが手がける「パースペクティブ ウォールクロック」は、針が立体的に作られておりデザインが非常に魅力的。



大人の遊び心をくすぐるレコードプレーヤー型掛け時計

出典:www.interiordesignphotos.co.uk

 せっかく掛け時計をインテリアに組み込むなら、個性的なものが欲しい。そういう時におすすめなのが、レコードプレーヤー型の掛け時計。音楽好きであれば、一目惚れするアナログ感溢れる時計だ。

 pixelthisが手がけるレコードプレーヤー型掛け時計は、実際のレコードプレーヤーをリメイクして作られているのが特徴だ。安っぽさのない「本物」の質感を手にしたい方はぜひ参考にして欲しい。




 テクノロジーの発展とともに、アナログでプリミティブなアイテムは忘れられがちだ。時計など、機能としてはスマートフォンだけで済ませるのも悪くない。しかし、今回ご紹介した掛け時計のような、かっこいいアイテムが「そこにある」ことの良さを改めて感じてみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する