1. さりげないこだわりが最大のお洒落を生む。足元にセンスを宿らせるシューズ×ソックスコーディネート術

さりげないこだわりが最大のお洒落を生む。足元にセンスを宿らせるシューズ×ソックスコーディネート術

出典:www.ankleswagger.com

 ファッションに気を使っている人ならば、ソックスにだってこだわりがあるはず。シューズの体裁ばかり考えて、ソックスがダサいなんてことにならないためにも、いくつかのスタイリングを参考にしてほしい。

プレーントゥ × ヴィヴィッドソックス

出典:www.at-scelta.com

 シンプルなプレーントゥやストレートチップには、あえてヴィヴィッドカラーのソックスを合わせてみよう。地味になりがちなシューズを、ソックスが盛り立ててくれる。また、ソックスを挿し色にすることで目線が下がるため、同時にシューズまでアピールすることができる。磨き上げられた自慢のシューズには、ヴィヴィッドカラーのソックスがもってこいだ。

カジュアルレザーシューズ × 柄入りソックス

出典:tabio.com

 カジュアルなレザーシューズには、柄入りソックスが良く合う。注意したいのは、うるさくなりすぎないよう色合わせをすること。シューズに使用されている色をベースに、同系色のソックスを選ぶようにしよう。柄が細かいソックスは浮くことなく合わせられるため、カジュアルシューズ×柄入りソックスの入り口として使いやすい。

チャッカブーツ × ミックスタイプソックス

出典:store.uktsc.com
 
 高さのあるチャッカブーツには、アウトドアブーツとも相性が良いミックスタイプがおすすめ。ミックスタイプには肉厚なものも多いが、シューズとのバランスがとれる、かつ野暮ったくならない薄手のものを選ぼう。高さのあるワークブーツにも、このスタイリングが応用できる。

ローテクスニーカー × ライン入りソックス

出典:item.rakuten.co.jp

 さりげなくトレンド感を取り入れられるライン入りソックスには、最近のスニーカーブームを牽引するローテクスニーカーを合わせよう。飾り気の少ないスニーカーは、ソックスで遊ぶことができる。

 ローテクスニーカー以外にこのライン入りソックスと相性がいいシューズとして、ローファーが挙げられる。フォーマルな印象が強いローファーを、ライン入りソックスでカジュアルダウンさせることが可能だ。


 「お洒落は足元から」という言葉をよく耳にする。自分では気づかないかもしれないが、意外にも足元は他人に見られている部分なのだ。完璧な足元を演出するため、シューズにこだわりを持つと同時にソックスにも気を使ってみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する