1. 穿き込んだ味わいを楽しむジーンズ。自分だけの一本を手に入れたい「ウォッシュドジーンズ」3選

穿き込んだ味わいを楽しむジーンズ。自分だけの一本を手に入れたい「ウォッシュドジーンズ」3選

出典:www.aeo.jp

 ジーンズは昔から馴染みのあるアイテムで、ファッションを語る上では欠かすことのできない心強い相棒だ。中でもリジットジーンズよりもラフに履きこなせるウォシュドジーンズは、休日のリラックスしたコーディネートによくマッチする。洗いのかかったウォッシュドジーンズには全く同じ風合いのものが存在せず、決して他人と被らない「オリジナル感」が出る。

G-Star RAW(ジースター ロウ)

出典:www.g-star.com

 ミニマルな5ポケット構成のこの一本は、「G-Star RAW」のデニムの原点ともいえるオーセンティックかつシンプルなモデル。洗練された佇まいで、カジュアルだけでなくジャケパンにも難なく対応してくれる。うっすらと立ち上がるヒゲやアタリなど、ウォッシュドジーンズらしさを保持しながらも今の空気にマッチするのは、スッキリとしたシルエットの賜物だ。



DIESEL(ディーゼル)

出典:www.store.diesel.co.jp

 あえてのペンキ加工や色落ちなど、やり過ぎることなく適度にダメージが加えられた「DIESEL」らしい一本。シルエットはストレートより少し細く、スキニーよりは少し太めなテーパードラインになっている。ウエスト部分にパッチデザインが施されているため、腰回りをコンパクトに見せてくれる。



Nudie Jeans(ヌーディー ジーンズ)

出典:www.cambio.co.jp

 「Nudie Jeans」の大人気モデル「Steady Eddie(ステディエディー)」をベースにしたレギュラーテーパードジーンズ。90年代をイメージしたブリーチ加工を施しており、クラシカルなムードが漂う。軽くロールアップして抜け感を出すのもオススメ。細身で美しいシルエットを持つこのようなジーンズは、白Tシャツのような極めてシンプルなカジュアルウェアによく合う。
 




 ジーンズの人気が隆盛をきわめる昨今では、様々なジーンズが売り出されている。中でも穿き込んだ味わいが楽しめるウォッシュドジーンズは、ワードローブの中核を担ってくれることだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する