1. 服装のチョイスから商談は始まっている。信頼感を得るには、どのような服装で臨むのがベストか?

服装のチョイスから商談は始まっている。信頼感を得るには、どのような服装で臨むのがベストか?

出典:ronkarr.com

 大事な商談に、あなたはどんな服装で臨むだろうか? 商談を成功に導くには、「信頼感」を得ることが何よりも重要になる。「信頼感」を得る上で、プレゼンの内容や話し方を意識することはもちろん大事になるが、それ以上に「見た目」に気を配ることが大切。

 よれよれのスーツやシャツを身にまとうのは以ての外だが、カジュアルすぎたり、あまりにも華美などTPOをわきまえていない服装だと「不信感」を抱かれてしまう。ここでは、商談時に着用すべきでないNGアイテムとベストな服装を紹介していく。

チェック柄のタイ&シャツはNG

出典:pixgood.com

 数あるタイ&シャツの種類の中でも、カジュアル度が高いとされるチェック柄のタイ&シャツは避けるのが無難。お洒落な雰囲気を演出してくれるのは間違いないが、遊びの印象を強く与えてしまうため、商談時に不適切だ。

 大事な商談が控えている日は難しく考えず、清潔感とエレガントさを演出してくれる王道の白シャツを着用するのがいいだろう。

モンクストラップのシューズもNG

出典:tradingpost.jp

 バックル式の留め金を使用しているのが特徴的な「モンクストラップ」のシューズも、カジュアル感が強すぎるためNG。こちらも変にお洒落に決めようとせず、「プレーントゥ」や「ストレートチップ」など、どのシーンでも活用できる一足をチョイスするのが賢明だ。

「ネイビースーツ×白シャツ」がベストな選択肢

出典:www.lyst.com

 商談が控えている日は、王道中の王道ともいえる「ネイビースーツ×白シャツ」の組み合わせがベスト。カジュアルな要素は一切なく、紳士的な男という印象を演出してくれるため、信頼感を得ることができる。

 グレー系の落ち着いたストライプ柄のネクタイを合わせるのもアリだが、より誠実なイメージを与えたい場合は、ブルー系のネクタイを合わせてみてほしい。


 商談を成功に導くためには、「信頼感」を得ることが必要不可欠。プレゼンの内容や話し方に気を配る前に、まずは「見た目」を意識し、「不信感」を与えない服装で商談に臨むようにしたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する