1. 「日本人は資格に幻想を持ちすぎ!」――すぐに資格を取ろうとするビジネスマンをホリエモンが猛批判

「日本人は資格に幻想を持ちすぎ!」――すぐに資格を取ろうとするビジネスマンをホリエモンが猛批判


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.465〜資格でダメになる!?〜」では、すぐに資格を取りたがる日本人をホリエモンが痛烈に批判した。

 今回ホリエモンが取り上げたのは、「富山在住の27歳です。不動産業をやりたいと思い、今は宅建試験に向けて勉強中です。将来的にはアパート経営を軸に、中古物件の買い付け→リフォーム→販売をやろうと思っています。仲介手数料でチマチマやるよりも、大きくリスクをとってガツンと稼ぎたいです。堀江さんは、不動産業の未来は明るいと思いますか? 今のところは一人で経営するつもりですが、賢く経営するためにやるべきこと、やってはいけないことはありますか?」という質問。

ホリエモン「勉強なんてしないで、今すぐやればいいじゃん」


 ホリエモンは、「明るいかどうかは、世界規模か日本規模か、それとも富山県規模かによって違うでしょ。インドやアフリカは明るいだろうし、日本の地方は厳しくなるだろうし。賃貸はまだしも、分譲は厳しいだろうね。賢い経営については説明するときりがないので、何を知りたいのかもっと絞ってください。僕の著書に『儲かる会社の作り方』とかもあるので、その辺を読んでみて」と回答。

 ホリエモンは、「そもそも、不動産業をやりたいのに宅建試験の勉強をするっておかしいよね。宅建を持ってる人を雇えばいいじゃん」と質問を一刀両断。起業したいのなら勉強をするのではなく、とにかく動くべきだと話す。

 ゲストの茂木健一郎氏もホリエモン同様、「日本のビジネスマンには、資格を持っている人が偉いという幻想があるよね」ととりあえず資格を取ろうとする姿勢を批判。「とりえず資格を取れば箔がつく」と思考停止せずに、何が成功への最短ルートなのかを自分で考えるべきということだ。

ホリエモン「資格にあぐらをかくからUberに市場を奪われる!」


 更にホリエモンは、こうした姿勢を「資格にあぐらをかいたままだから、どんどんダメになるんだよ!」と痛烈に批判している。例えば、タクシー運転手は二種免許がなければ営業ができないが、一旦資格を取得したドライバーのサービスの質を保証する制度はない。こうした資格ありきの姿勢が、サービスの質を下げているとホリエモンは話している。

 そうしたタクシー業界に高品質なサービスで参入したのが「Uber」だ。ドライバーの格付けシステムを採用したUberは、一気に市場を席巻。2014年には日本でもサービスを開始し、さらにその人気は加速するだろう。

 タクシー業界の例から分かるのは、資格があっても安心ではないということ。優れたサービスを生み出すために行動することが、ビジネスの必勝法だということではないだろうか。


 資格文化が根強い日本にホリエモンが警鐘を鳴らした「堀江貴文のQ&A vol.465〜資格でダメになる!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する