1. 適度なヌケ感と遊び心を演出。大人のファッションにハマる「バックパック」が人気沸騰中

適度なヌケ感と遊び心を演出。大人のファッションにハマる「バックパック」が人気沸騰中

出典:store.nanouniverse.jp

 一見カジュアルながら、ビジネスシーンでも根強い人気のバックパック。バックパックは大人がスマートに背負うことで、適度なヌケ感と遊び心を表現できる。両手の自由が利くというアドバンテージも、選ばれている理由の一つ。

 人気の高まりを受けて、各ブランドから表情豊かなバックパックが登場している。

PORTER(ポーター)

出典:www.yoshidakaban.com

 独自に開発したナイロン生地を使用したバックパックは、タフさと軽さ・防水性を備えたハイスペックモデル。メイン収納部に直接アクセスできるサイドジップや、止水ファスナーがついたモバイルポケットなど、より日常で使いやすくなる工夫が随所に散りばめられている。



hobo(ホーボー)

出典:thathobo.com

 マットに仕上げたナイロン素材が柔らかく、程よいクッション性があるバックパックは、背中によくフィットする。ボンディング加工を施すことで、程よく使い込んだような味が出る。気負わないスタイルにもってこいのアースカラーも魅力的。



Cabin Zero(キャビン ゼロ)

出典:www.dot-st.com

 トラベラーバッグを展開している「Cabin Zero」からは、大容量の2wayタイプのバックパックが登場。大容量ながらも飛行機の機内に持ち込み可能なサイズ基準を満たしているため、旅行や出張のお供に向いている。縦にしても横にしても持ち運べるハンドルが着いており、用途によって使い分けが可能だ。




ETHNOTECK(エスノテック)


出典:ethnotek.jp

 黒地に独特の模様が際立つバックパックは、「ETHNOTEK」のもの。フロント部分にはベトナムにて手織りされた生地が使用されており、まさに世界に一つだけのバックパックといえる。デザイン性はもちろんのこと、きちんと機能性も備えていて、背面に15インチのPCまで収納できる独立したコンパートメントを完備。




 カジュアルなイメージが強いあまりにバックパックを敬遠していた人も、ここで紹介したバックパックを一度背負ってみてほしい。その使いやすさと大人ファッションとの調和に驚くはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する