1. 悩んだときこそ自分の殻を打ち破ろう。友好関係を広げればキャリア形成にもリフレッシュにもなる

悩んだときこそ自分の殻を打ち破ろう。友好関係を広げればキャリア形成にもリフレッシュにもなる

  • 6823views
  • 0fav


 仕事やキャリアプラン形成過程など、仕事に関係することで悩んだ時、みなさんはどうしますか? 自分一人で考えて自分の殻に引きこもったまま…という人は少なくないでしょう。一人で考えたいことがあると言って予定をキャンセルしたり、なるべく一人の時間を確保しようとしがちです。

 でも実は、悩んだときこそ友好関係を広げて多くの人と出会うべきなのです。そうすることで、思わぬところに悩みが解消してしまうかもしれません。

交友関係を広げるほど悩みの「ヒント」は見つかりやすくなる

 悩みごとを人に話すことの最大のメリットは、「多くの視点に気がつく」ということ。一人で考え込んでいる時は、どうしても一つの考えに執着しがちで、それ以外のことが考えられなくなってしまうことがあります。

 そこで、自分の悩みを多くの人に相談すればするほど、「こんな考えがあるのか」と実に多様な考えに出会うことが出来るのです。人の数ほど、多くの視点が存在しています。交友関係が広ければ広いほど、多くの人の考えに触れることが出来ることは明確ですね。

 さらに、特定の職場や業界での交友関係よりも、様々な職場や業界に交友関係が広がっているという状態はとても好ましい状態。一定の視点を持った人々の集まりよりも、全く異なった視点から多くの意見が飛び交えば、思わぬところに悩みのヒントが転がっていることでしょう。

「行動力」を発揮すれば交友関係は拡大する

 友好関係を広げた方が良いのは分かるけど、その広げ方が分からないという人は多いでしょう。社会人になると、行動範囲や日々接する人が固定されてきて、今ある以上の交友関係は持てないのではないかと考えてしまいがち。しかし、行動力次第でその機会はいたるところに転がっています。

交友関係を広げる過程はリフレッシュにも

 社会人が交友関係を広げる方法として挙げられるのは、習い事やイベント参加など。社会人同士が交流しやすいスポーツジムやゴルフスクールに出向いてみることで、色々な人との出会いが待っているかもしれません。

 さらに、そんなに時間が取れないという人にもお勧めなのは、会社帰りに行きつけのお店を見つけるというもの。ショットバーなどの落ち着いたお店で顔なじみになるというのも良いかもしれません。

 このように行動力を発揮することで、交友関係を広げられるだけではなく、考え込むことなく行動的であるため、それ自体がリフレッシュにも繋がっていきます。


 仕事に関することやまたそれ以外のことで悩んだときは、一人で考え込むのではなく、是非交友関係を広げて多くの人と意見交換をしてみてください。狭くなりがちだった視野が広がっていくこと間違いなしです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する