1. スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 1番目の画像

 仕事でスーツを着用する人の悩みの一つ「スーツのクリーニング」。

 スーツのクリーニング頻度や料金、クリーニングに出すときの注意点など、スーツをクリーニングに出すだけでも知りたいことは多々あるだろう。

 今回はスーツクリーニング頻度やクリーニング料金の相場、スーツをクリーニングに出すときの注意点、スーツを長持ちさせるコツなどを紹介したい。

目次
+ + スーツクリーニングの適切な頻度とは?
+ + スーツをクリーニングに出す前の注意点
+ + スーツを長持ちさせるためのお手入れ術
+ + スーツクリーニングの相場は?
+ + スーツクリーニングにかかる日数とは?
+ + クリーニング後のスーツ保管方法

スーツクリーニングの適切な頻度とは?

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 2番目の画像

 1週間の大半の時間をスーツで過ごすビジネスパーソンにとって、スーツクリーニングの頻度は悩みの種。

 ほとんど毎日着用するスーツだが、どれくらいの頻度でクリーニングに出せばいいのだろうか?

【スーツクリーニングの頻度・冬】1シーズンに1回

 秋冬の場合、あまり汗をかかないことから「1シーズン1回」程度のクリーニング頻度でOKだ。

 衣替えでタンスなどに長期間収納しておく前にクリーニングに出す、と覚えておこう。

 しかし、あまり汗をかかない冬場とはいえ「1シーズンに1回で十分なのか?」という疑問も残るだろう。

 後に詳しく説明するが、実は高頻度でクリーニングに出すとスーツが汚れやすくなってしまう恐れがある。

 スーツ着用後は後述する手入れを必ず行い、冬場は「1シーズンに1回」の頻度でスーツをクリーニングに出そう。

【スーツクリーニングの頻度・夏】2週間に1回

 汗をかきやすい春夏の場合、スーツクリーニングの適切な頻度は「2週間に1回」程度。

 外回りの仕事が多い営業職でスーツを着用する場合、ワイシャツはおろか、ジャケットやスラックスにも汗が染み付いてしまう。

 汗の他にも「皮脂汚れ」「タンパク質汚れ」などのさまざまな汚れがつくだけでなく、高温多湿な気候によって雑菌も繁殖しやすくなる。

【スーツの所持数別】スーツクリーニングの適切な頻度

  • 【2〜3着】
    春夏は1週間に1回、秋冬は1ヶ月に1回
  • 【4〜6着】
    春夏は1ヶ月に1回、秋冬は2ヶ月に1回

スーツをクリーニングに出す前の注意点

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 3番目の画像

 スーツクリーニングの適切な頻度を押さえたところで、早速クリーニングに出しに行こうと思っている人もいるのではないだろうか。

 スーツをクリーニングに出す前には、以下のポイントをチェックしてからクリーニング店に持っていこう。

スーツをクリーニングに出す前の注意点①:上下セットで出す

 スーツをクリーニングに出す時、注意しておきたいのが上下セットであるかということだ。

 クリーニングに出すと、スーツはわずかに脱色してしまう。

 上下バラバラに出す頻度が多いと、脱色される回数や程度が異なり、上下の風合いのバランスが崩れてしまう恐れがあるのだ。

 大きな汚れなどで特別にどちらかのみクリーニングを出す場合以外は、上下セットでクリーニングに出すのが好ましい。

スーツをクリーニングに出す前の注意点②:ポケットの中身、装飾品をチェックする

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 4番目の画像

 スーツをクリーニングに出す前には、きちんとポケットの中身をチェックしておこう。

 クリーニング店の店員さんが確認してくれる場合がほとんどだが、ポケットの場所によっては確認漏れが生じる恐れがある。

 ボールペンのインクが漏れたり、ぼろぼろになった紙でポケットが汚れたりといった事態を避けるためにも気をつけてほしい。

 また、細かな装飾品などで取れかかっているものはないかどうか、念の為確認しておこう。

 クリーニングの最中にボタンなどが取れてしまうと、見つからない可能性がある。思わぬトラブルを避けるためにも、スーツクリーニング前の「ポケットの中」と「装飾品」は要チェックだ。

スーツをクリーニングに出す前の注意点③:シミなどの汚れがないかを確認する

 スーツ着用時にコーヒーなどをこぼしてしまった……という場合、シミの存在にすぐ気づくことができるだろう。

 しかし、スーツを着ていると無自覚に汚れを作ってしまっている可能性がある。

 スーツを汚した覚えがなくても、クリーニングに出す前には「汚れやシミ」がないかどうか、きちんと確認しておこう。

スーツをクリーニングに出す前の注意点3つ

  • 上下セットで出す
  • ポケットの中身、装飾品をチェックする
  • シミなどの汚れがないかを確認する

スーツを長持ちさせるためのお手入れ術

クリーニングに出しすぎるとスーツが汚れやすくなる!

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 5番目の画像

  とくに手間をかけずにスーツを手入れできるクリーニング。

 しかし、クリーニングはスーツの羊毛に含まれる油分を洗い流してしまうため、頻繁にクリーニングに出しているとスーツが汚れやすくなり、短期間でくたびれてしまう恐れがあるのだ。

 スーツは汚れがついてしまったときを除き、スーツを長持ちさせるためには毎日入念に「ブラッシング」をかけることが重要である。

スーツの臭いは「スチームアイロン」、シワは「陰干し」で対応

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 6番目の画像

 スーツに臭いやシワがついてしまった場合、クリーニングに出すのがベストな対応と思っている人もいるのではないだろうか。

 スーツの臭いやシワだが、実は自宅でも十分に対処可能だ。

 食べ物やタバコなどの臭いがスーツについてしまったら、スチームアイロンを使えば簡単にとることができる。

 また、シワについては霧吹きで水をかけ、風通しのいい場所で「陰干し」しておけばシワもなくなる。

クリーニング頻度を減らすためにもやっておくべき「スーツのお手入れ」

  • 着用後、ブラッシングで細かな汚れを落とす
  • スチームアイロンでスーツの嫌な匂いをとる
  • 霧吹きの後「陰干し」でスーツのシワをとる


スーツクリーニングの相場は?

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 7番目の画像

 スーツクリーニングの相場は、お店の形態によってさまざまである。

 クリーニング店は大型チェーン店・個人店・宅配クリーニングの3つに分類される。

大型クリーニングチェーン店と宅配クリーニング店のスーツクリーニングの相場

 大型チェーン店と宅配クリーニングは、宅配の送料を除いてほぼ同じ価格のドライクリーニングで約1,000〜2,000円程度。

 大型チェーンのクリーニング店は、機械を利用し一定のスピードで大量の衣服を洗濯するので、時間をかけたくない人におすすめだ。

個人クリーニング店のスーツクリーニングの相場

 個人店の場合は、お店によってかなり金額に変動がある。

 スーツクリーニングの相場は、およそ5,000〜10,000円程度といったところ。

 個人クリーニング店は一着ずつ職人が丁寧に汚れや衣服のタイプに合わせて仕上げてくれるため、デリケートなスーツなどのクリーニングにおすすめである。

クリーニングの料金相場と特徴

  • 大型クリーニングチェーン店:1000〜2000円程度。仕上げるのにかかる時間が比較的短い
  • 宅配クリーニング:1000〜2000円程度。別途送料などのオプション料金がかかる。複数枚一気に頼むことができ便利
  • 個人クリーニング店:5000〜1万円程度。職人が一着ずつ仕上げる。型崩れなどを考慮した手間をかけているのでケアに安心

スーツクリーニングにかかる日数とは?

 スーツをクリーニングに出すにあたって気がかりなのが、クリーニングにかかる日数。

 スーツをあまり持っていないという読者であればなおさら気になるだろう。

 そこで、関東でも人気のある大手クリーニングチェーンのスーツクリーニングにかかる日数を比較してみた。

 大型クリーニングチェーンを利用する予定の人は、下記でスーツクリーニングにかかる日数をチェックしてほしい。

【大手クリーニングチェーン3店比較】スーツクリーニングにかかる日数

  • 白洋舎:即日
  • ホワイト急便:即日
  • ポニークリーニング:午前12時までの持ち込みは「翌日夕方5時」。午前12時以降の持ち込みは「翌々日の営業時間内」

クリーニング後のスーツ保管方法

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 8番目の画像

 スーツをクリーニングに出した後にもひと手間かけてほしい。

 スーツを綺麗に保てるかどうかは、クリーニングよりも「スーツの保管方法」によって決まるといっても過言ではない。

 クリーニングから帰ってきたら、まず早めに梱包ビニールを剥がそう。

スーツを長持ちさせるクリーニング頻度!スーツクリーニングの相場や日数、お手入れのコツを徹底解説 9番目の画像
出典:amzn.to

 汚れなど問題がなさそうであれば、スーツの型に合ったハンガーにかけて型崩れを防ぐことが重要だ。「しっかりと幅のあるハンガー」を選ぶとよい。

 床や椅子に置いたままであるとシワが取れにくく、また頑固なシワがつきやすくなってしまう。

 清潔感のあるビジネスパーソンであるためにも、スーツを脱いだらきちんとハンガーにかけてほしい。

 また、シーズン後の保管などで長期間にクローゼットに収納する場合は、汚れやシワなどがつきにくい「ウェット加工」を利用して虫食いやカビ対策も行うと良い。

クリーニング後のスーツ保管方法3つ

  • クリーニング後の梱包ビニールを剥がす
  • 着用後は幅のあるハンガーにかける
  • 長期間クローゼットに収納する場合は「ウェット加工」を利用する


 ビジネスマンには欠かせない、スーツクリーニング。

 やみくもにクリーニングに出せば良いということではないので、日頃からスーツのお手入れは怠らず適度な頻度でクリーニングを利用するとよいだろう。

 クリーニングとお手入れとバランスよく行って、コストを押さえつつスーツが長持ちさせよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する