1. 春らしさ満開のアウター「デニムジャケット」。上品に着こなすなら“加工なし”が正解

春らしさ満開のアウター「デニムジャケット」。上品に着こなすなら“加工なし”が正解

出典:zozo.jp

 ワークジャケットとして古くから親しまれてきた「デニムジャケット」は、少しずつ現代風なシルエットやサイズへと姿を変えていき、今ではファッションアイテムに欠かせない存在となっている。

 このデニムジャケットを春のワードローブに追加させるなら、リジットやワンウォッシュ程度のタイプがイチオシ。色落ちやダメージなどの加工がないデニムジャケットは、上品に着こなすことが可能だ。

rag&bone(ラグ&ボーン)

出典:www.farfetch.com

 海外モデルの間でも人気が高く、流行に敏感な人々がこぞって着用している「rag&bone」のコレクション。このデニムジャケットには、少し軽めの12オンスの生地が使用されており、デニムシャツ感覚でインナーとしても活用できる。デザインにはオーソドックスな「リーバイス3rd」が採用され、カジュアルになりすぎないのが特徴だ。


Lee(リー)


出典:edwin-ec.jp

 一世紀以上に及ぶ「Lee」の歴史的名品を蘇らせる「The Archies」から、通称“赤タグ”と呼ばれる50年代に人気を博したモデルが登場した。今では生産が難しいといわれる縫製を要するデザインも、日本の技術を用いて再現することに成功。オリジナルの雰囲気を醸すイエローステッチには全て綿糸が使用され、着用するごとに味が出る。


pherrow's(フェローズ)

出典:pherrows.com

 日本が生んだ屈指のアメカジブランド「pherrow's」からは、40年代に存在したモデルをもとに作られた、片ポケットデザインが珍しい一着をピックアップ。フロント部分にプリーツが施されたタイトなシルエットに仕上がっているが、背面の切り返しにタックを入れることで運動性も高めている。




 薄手で合わせやすく、男らしく着られる春のアウターといえば、デニムジャケットを置いて他にない。カジュアルなアイテムの王道であるこのアイテムを、上品に大人っぽく着こなしてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する