1. 合わせやすく、こなれ感が出る。大人のコンサバスタイルを確立させるなら、足元は定番シューズで

合わせやすく、こなれ感が出る。大人のコンサバスタイルを確立させるなら、足元は定番シューズで

出典:item.rakuten.co.jp

 シューズをコーディネートの顔にするファッションが、強い人気を誇っている。それにともなって、主役級の存在感を示すシューズも続々と販売されているが、その他のアイテムと調和がとれないものは長く愛用することが難しい。

 シューズを選ぶ際に、誰もが気にする一番の基準は「合わせやすさ」ではないだろうか。ここでは、スタイルを選ばないシューズを三つ紹介しよう。

ブラックのスニーカー

出典:www.abc-mart.net

 ブラックスニーカーは、カジュアルにもシンプルにも広く使える。中でも流行のローテクスニーカーは大人っぽく履きこなすことができ、「子供っぽくなりがち」とスニーカーを敬遠していた方にもおすすめ。気をつけたいのは、ディテールの全てまでブラックで統一しないこと。シューレースやソールはホワイトにし、抜け感を演出することを忘れずに。

ネイビーのスリッポン

出典:item.rakuten.co.jp

 イージーパンツに良く合うのは、究極のリラックスシューズともいえるスリッポン。ネイビーはどの色とも喧嘩することがないために一足は持っておきたい色だが、ブラックスニーカーと同様に、ソールにはホワイトを効かせてスッキリさせよう。

ブラックスウェードのチャッカブーツ

出典:coverchord.com

 ドレスシューズの一足目には、プレーントゥのチャッカブーツがふさわしい。鳩目(紐を通す穴)が少ないシンプルな表情が特徴で、ドレスシューズとしては珍しく、スウェットパンツとも相性がいい。こなれた感じを出したいなら、スウェード素材がイチ押し。


 大人のコンサバスタイルを確立させたいならば、まずは使い回しの効くアイテムを揃えるのが先決だ。あまり主張せずになじむシューズは他のアイテムとも上手く調和し、幅広いスタイルに対応してくれる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する