1. 自分好みの一枚は「パターンオーダー」から始める。毎日着るシャツにこだわってこそ、真のお洒落な男!

自分好みの一枚は「パターンオーダー」から始める。毎日着るシャツにこだわってこそ、真のお洒落な男!

出典:www.moderngentlemanmagazine.com

 スーツが仕事着の人にとって、欠かせないアイテム「シャツ」。毎日着るアイテムのため、価格を第一に安いシャツを何枚も選んでしまいがちだが、素肌の上に着るシャツだからこそ、素材やサイズなどディテールにまでこだわりたいもの。

 そんなときに役立つのが「パターンオーダー」。全て一から仕立てる「オーダーメイド」は高価なイメージを抱きがちだが、既製品の中から自分の体型に近いサイズのものを着て、着丈や袖丈といった部分を変更して仕立てる「パターンオーダー」であれば、低価格でオンリーワンの一枚を手にすることができる。

 ここでは、シャツの「パターンオーダー」ができるブランドを紹介。低価格ながら、細部までこだわり抜いた品質の高さには、思わず惚れ惚れしてしまう。

BRICK HOUSE(ブリックハウス)


 コスパの高さから、多くの人が一度は手にするほど定番のブランド「BRICK HOUSE」は1枚6,300円からシャツの「パターンオーダー」を提供している。形態安定加工を施した100種類以上の生地を用意しているのが大きな魅力。

 60年間続いてきた職人たちの技術はそのままに、選ぶことを気軽に楽しみながら、自分のこだわりが詰まった一枚を作り上げることができる。

軽井沢シャツ


 創業70年を超えるワイシャツメーカー、「フレックスジャパン」が提供するシャツのパターンオーダー専門のサービス「軽井沢シャツ」は、オンラインでオーダーが可能となっている。オーダーしたシャツは国内の工場にて一枚一枚仕上げられるため、オンラインながら質の高さには目を見張るものがある。

 パターンオーダーの流れも分かりやすく、オンラインで注文が完結するため、シャツのオーダーが初めてという人にとっても使いやすい。

SUIT SELECT(スーツセレクト)


 佐藤可士和氏がプロデュースし、品質とコストパフォーマンスの高さを兼ね備えた、リアルな価値を持つ服を提案するスーツブランド「SUIT SELECT」のパターンオーダーは、店舗・オンラインの両方で注文ができる。

 シャツの製法にも独特のこだわりを持ち、「SKINNY MODEL」は見た目のシャープ感を視覚的 にも演出した一枚となっている。スタイリッシュなシルエットの一枚が欲しいと思っている人には最適だ。


 低価格でオンリーワンの一枚を手にすることができる「パターンオーダー」。毎日着るアイテムに強くこだわりを持つのが、真のお洒落な人。“デキる男”を目指す者にとって、「パターンオーダー」を使わない手はない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する