1. 人気継続中の「ボタニカル柄」はさりげなくが正解。挿し柄で取り入れてファッションのアクセントに!

人気継続中の「ボタニカル柄」はさりげなくが正解。挿し柄で取り入れてファッションのアクセントに!

出典:zozo.jp

 ここ数シーズン人気を博している柄の一つに、「ボタニカル柄」がある。ボタニカル柄とは、花だけではなく葉や茎などの植物全体をモチーフとしている柄のこと。

 単なる「花柄」とは違って少し落ち着いた印象になる「ボタニカル柄」だが、とは言っても全面にプリントされていてはトゥーマッチな印象に。さりげないアクセントとして装飾されているからこそ魅力が発揮される柄のため、用いるならば差し柄程度がいいだろう。

 ここでは、さりげなく「ボタニカル柄」が効いたアイテムを紹介。

halluci(ハルシ)

出典:raze.jp

 独特なパターンをあしらったアイテムを得意とする「halluci」。肉厚なオリジナル生地を用いたはUネックTシャツは、無地ながらも存在感が強い。チラリとのぞく背当てには、シャガード織りのボタニカル柄生地が使用されている。着ている当人しか気づかないような場所に忍ばせてある、粋なデザインに心惹かれる一枚だ。

uniform experiment(ユニフォーム エクスペリメント)

出典:www.uniformexperiment.jp
 
 自由な発想をもとに、既存のプロダクトにはなかったような目新しいデザインを生み出す「uniform experiment」。定番のオックスフォードシャツをベースにしたこのシャツも、ボディサイドに採用したトロピカル調の生地の切り返しがおもしろい。無地の部分の面積が広いため、爽やかに着こなすことができる。

ESTINATION(エストネーション)

出典:store.sazaby-league.co.jp

 数多くのブランド・多彩なアイテムを取り扱うセレクトショップ「ESTNATION」からは、オリジナルアイテムであるボタニカルプリントショーツを紹介。トーンを抑えたボタニカル柄で、コーディネートに組み込みやすいのが特徴だ。ダークグレーの色調とコットン100%の生地が、こなれた雰囲気を醸し出している。


 さりげない柄使いで調度いいアクセントになる「ボタニカル柄」。うるさくなりがちな柄アイテムは、大人のファッションに合わせづらい印象だった。しかしここで紹介したアイテムは、自然にあなたのファッションに溶け込んでくれることだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する