1. 見た目で損しているかも。毎日、適切な長さでスーツにネクタイを着用できてる?

見た目で損しているかも。毎日、適切な長さでスーツにネクタイを着用できてる?

出典:blog.baycrews.co.jp

 普段から、当たり前のように身につけてる「ネクタイ」。スーツスタイルには欠かすことのできないマストアイテムだが、“適切な長さ”を意識して着用できている人はどれくらいいるだろうか?

 見た目で損をしないためにも、服装の基本的なマナーは覚えておくべき。ここでは、ネクタイの適切な長さを解説。基本をきちんと押さえた、スーツスタイルの着こなしができるオトナを目指そう。

大剣の先がベルトに軽くかかる程度がベスト

出典:blog.gotstyle.ca
 ネクタイの長さは、まっすぐ立った状態で大剣の先がベルトに軽くかかる程度がベスト。大剣が中央に来るようにすると全体のバランスがよくなり、スーツのジャケットを脱いだときもカッコよく見える。

出典:freshwallstreet.tumblr.com

 一方で、失敗例はこのように大剣が短めのもの。スーツの前ボタンを閉じているときは見えないかもしれないが、前ボタンを開けたときに間抜けた印象になってしまうので注意が必要。

 同様に、大剣がパンツに掛かってしまうほどの長さだと、野暮ったくダラシない印象に。大剣の先がベルトに軽くかかる程度の適切な長さを心がけるようにしよう。

ネクタイを結ぶときは裏の縫い目に注目!

出典:blog.suit-select.jp

 では、どうやってネクタイを結べば適切な長さになるのか? その方法は意外と簡単で、ネクタイの裏にある“縫い目”に注目してあげればいいだけ。この縫い目をシャツのボタンの3番目と4番目の間に来るようにしてあげると、丁度いい長さになる。

 結び方も色々と種類があるが、最もオーソドックスな「プレーンノット」でネクタイを結び、慣れてきたら「ウィンザーノット」といった結び方に挑戦するのがいい。

 この方法をやってみても、まだ適切な長さにならないという人は、そもそもネクタイが自分に合っていない可能性がある。「ネクタイなんてどれも同じ」と思わず、自分に合ったものを選べるよう、きちんと吟味したい。


 ネクタイの色や柄だけでなく、長さにまで気を配れてこそのお洒落。きちんと着こなしたはずのスーツが、実はダサかった……ということにならぬよう、ネクタイも意識した上でスーツを着こなせるようになろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する