1. 大人の賢いアウター選び。ライトアウターは「トレンド」と「長く使えるか」を吟味する

大人の賢いアウター選び。ライトアウターは「トレンド」と「長く使えるか」を吟味する

出典:www.loftman.co.jp

 コーディネートの顔であり、かつ何枚も手に入れるわけではないアウターは、しっかりと吟味して選び抜きたいところ。直感で選んだために着回せない一着は、タンスの肥やしも同然だ。

 ここでは、トレンドを押さえつつも長く使えるライトアウターを紹介。あなたのコーディネートの顔は、どの一着になるだろうか。

トレンドは何と言っても「フライトジャケット」

出典:www.nothingbut0511.com

 ストリート×モードなスタイルの「フライトジャケット」が、MA-1を筆頭に人気を博している。他人と被るのを避けるには、カラーやディテールで差をつけよう。スマートに着こなしたいならば、ジャストサイズを選ぶべし。オーバーサイズは無骨な印象が強く出過ぎてしまう傾向にある。

春こそアウトドア系の「ホワイトシェルジャケット」

出典:catalog.beams.co.jp

 雨風をしのぐことを目的につくられた撥水性のあるアウターは、実用性な意味から汚れが目立たない色が選ばれてきた。しかし最近では、タウンファッション向きの「ホワイトシェルジャケット」が浸透し始めた。暖かい日差しに映えるホワイトは、まさに春にふさわしい色。ハイパフォーマンスなシェルジャケットを、日常に忍び込ませてみてほしい。

ロング丈ブームはまだまだ続く「ショップコート」

出典:shop.beams.co.jp

 驚くほど流行したチェスターコートに次ぎ、同じくロング丈が特徴の「ショップコート」が注目を集めている。形が綺麗で洗練した印象を残せるこのコートだが、バランスを誤ると野暮ったく見えがち。膝が隠れない程度の長さがベストと覚えておこう。カラーは、ワーク系を意識したインディゴがおすすめだ。

 
 トレンドはお洒落に欠かせない要素だが、それに踊らされてはいけない。それならば、トレンドを自分のものにして、長く使えるアイテムへと変えてしまおう。自分だけの“ベスト”が見つけられたら、着こなしがもっと楽しくなるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する