1. スーツスタイルのシルエットを美しく。サイズ感の合った「パンツ」選びには3つのルールが欠かせない

スーツスタイルのシルエットを美しく。サイズ感の合った「パンツ」選びには3つのルールが欠かせない

出典:trend-kid.com

 スーツスタイルのシルエットを美しく見せたいのであれば、サイズ感の合ったパンツを履くことが絶対条件。ウエストや丈のサイズ感が合っていないと、どこか野暮ったく、デキない男に見られてしまうかもしれない。

 デキる男の雰囲気を演出するためにも、サイズ感の合ったパンツをピシっと履きたいところ。ここでは、パンツ選びの際に欠かせない3つのルールを見ていこう。

「ウエスト」は指2本分の余裕を持つ!

出典:makemepartner.com

 シルエットの肝となる「ウエスト」は、指2本分の余裕を持つのが適切なサイズ感とされている。「ジャケットを着るから……」とウエスト周りのサイズ感を適当に選んでしまうと、垢抜けない印象になってしまうので、きちんと確認するようにしよう。

「ヒップライン」にも適度に余裕を持たせる

出典:www.jackspade.com

 続いては、「ヒップライン」。正面だけでなく、後ろ姿のシルエットも美しく見せたいのであれば、こちらも気を抜けない。適切なサイズ感は太もも部分の「クリース(折り目)」が直線になるくらいだ。適度に余裕を持たせておいた方が動きやすく、見た目も美しい。

 余裕がない場合は、お尻の下にシワが出来ているので、鏡を使って確認しておきたいところ。

「丈」は歩いても靴下が見えないくらいに 

出典:www.chipoetz.info

 「パンツ」のサイズ感で最も悩ましいのが「丈の長さ」。これは、実際に歩いて確認。歩いたときに、靴下が見えないくらいの長さであればOK。あとは、立ったときにワンクッションシワが入ればベストと言える。


 美しいシルエットを演出するには、サイズ感の合ったパンツが欠かせない。野暮ったい印象になりがちなスーツスタイルも、適切なサイズ感を知って選ぶことができれば、カッコよく着こなせるようになるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する