1. お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 1番目の画像

 スーツスタイルでも休日のカジュアルスタイルでも、大切なのは全体の「バランス」。

 ジャケットはジャストサイズなのにシャツのサイズが合っていないと、バランスが悪く、どこか垢抜けない印象に。

 今回はメンズファッションの基本アイテムである「シャツ」の正しいサイズ感とサイズ選びのポイントを紹介したい。

 たったの「4ポイント」を意識して、ジャストサイズなシャツを手に入れよう。

自分にジャストなサイズ感!正しいシャツの選び方①

【ジャストサイズなシャツを選ぶポイント①】ジャケット同様に「肩のライン」を骨格に合わせる

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 2番目の画像

 サイズ感の合ったジャケットを選ぶ際、大切なのは「肩のライン」が自分の骨格に合っているかどうかだが、これはシャツを選ぶときも同じ。

 ここで注目するべきポイントは、肩から腕にかけてのライン。

 シャツの袖と見ごろの縫い目が、肩と腕のつけ根と重なっていればベストである。

 肩から腕にかけてのラインを意識することで、腕が動かしやすく、フィット感のあるシャツを手にすることができる。

自分にジャストなサイズ感!正しいシャツの選び方②

【ジャストサイズなシャツを選ぶポイント②】「首周り」は指一本分のゆとりを!

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 3番目の画像

 Vゾーンの印象を形づくる「首周り」。シャツを選ぶ際には、首周りに“指一本分”のゆとりを持つことを覚えておこう。

 首周りの苦しさを嫌がり、指一本分以上のゆとりがあるシャツを選んでしまうと、だらしなく野暮ったい印象に。

 ブランドによってサイズ感は異なるため、必ず試着して首周りのゆとりを確認するようにしてほしい。

自分にジャストなサイズ感!正しいシャツの選び方③

【ジャストサイズなシャツを選ぶポイント③】「着丈」はバンザイしてチェックする

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 4番目の画像

 シャツを選ぶ際、あまりチェックしないという人もいる「着丈」

 ジャストサイズなシャツでスマートな印象を手に入れたいのであれば、シャツの着丈をチェックすることが欠かせない。

 ボトムスにシャツインする場合は、試着時にシャツインした状態でバンザイしてみよう。そのときにボトムスからシャツが出てしまうようであれば、不適切な着丈である。

 腕を上げてみると意外にも着丈があっていないことがあるため、必ず試着時にバンザイしてチェックしてみよう。

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 5番目の画像
出典:zozo.jp

 また、カジュアルシーンで使うシャツのサイズ感は、ベルトが隠れるくらいの着丈がちょうどいい

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 6番目の画像

 カジュアルなシャツを選ぶ際は、ボトムスの「ウエスト周りと股下中央の中間ライン」がベストな着丈ラインであると覚えておこう。





自分にジャストなサイズ感!正しいシャツの選び方④

【ジャストサイズなシャツを選ぶポイント④】「袖丈」は腕を伸ばして確認

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 7番目の画像

 最後にチェックすべきは「袖丈」だ。ジャケットを着たときに、袖口からシャツが出すぎているとカッコ悪い。

 「袖丈」も腕を伸ばして、きちんと確認するようにしよう。

 腕を下ろし、手首を曲げたときに袖口が手の甲に軽く乗れば、それが正しいサイズ感になる。

 「首周り」「着丈」と同様に、一度体を動かして確認することが大切だ。

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 8番目の画像

 また、袖のボタンをとめるときには、腕周りのゆとりを確認しよう。

 腕の部分を引っ張ったときにつまめるくらいのゆとりがあると良い。

理想のサイズ感のシャツを選ぶ4つのポイント

  • 「肩のライン」:肩と腕の付け根の部分とシャツの袖と身ごろの縫い目が重なっている
  • 「首周り」:シャツとの間に指一本のゆとりがある
  • 「着丈」:スーツスタイルのシャツはバンザイをしてもお腹が出ない程度の長さ。カジュアルシャツはベルトが隠れるくらいの着丈
  • 「袖丈」:腕を伸ばして確認!ジャケットからシャツが少し出る長さ

 この4つのポイントを意識すれば、自分に合ったシャツが選べるはずだ。

 ジャストサイズのシャツをサッと着こなすことができて、初めてお洒落を楽しめる男への階段を歩み始めることができる。

ぴったりサイズが手に入るおすすめブランド3選

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 9番目の画像

 これまで、適切なサイズ感のシャツを選ぶ4つのポイントをみてきたが、既製品の中からなかなか自分にジャストサイズのシャツが見当たらないという人もいるだろう。

 そんな人におすすめなのが、オーダーメイドのシャツ専門店である。

 今回は若手ビジネスマンに支持されているオーダーメイドシャツの国内ブランドを3つ紹介する。

おすすめオーダーシャツブランド#1:FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 10番目の画像
出典:fabric-tokyo.com

 現代のオーダーメイドスーツを提案するFABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)。

 サイズの寸法やオーダーに時間がかかると面倒くさいという方もいるだろう。ここでは、サイズ測定を店舗で行っており、そのデータをクラウド上に保存してもらえる。

 店舗で購入も可能だが、保存してもらったデータを元に専門ページからワンクリックで注文できる

 種類も豊富で若向きなデザインも多いため、おしゃれに敏感な人におすすめだ。

おすすめオーダーシャツブランド#2:BRICK HOUSE(ブリックハウス)

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 11番目の画像
出典:shop.e-shirt.jp

 実績65年以上のある業界トップのブランド「BRICK HOUSE(ブリックハウス)」。

 機能性が高く、一年中シャツを着用するビジネスマンにとってありがたいラインナップが揃っている。

 オーダー以外にも既製品も販売しており、価格もお手頃であるため、オーダー前に一着購入してみてもよいだろう。

 ウェブサイトでは、さまざまな形に適応したアイテム検索が充実している。

 店舗でオーダーする場合は、100種類以上ある生地の中から店舗で選んで注文することが可能。

 生地にこだわりたい、こういう生地のシャツがほしい、などという男性におすすめのブランドだ。

おすすめオーダーシャツブランド#3:ORIGINAL STITCH(オリジナルスティッチ)

お洒落にシャツを着こなせるサイズ感はこれ!ジャストサイズなシャツを選ぶ4つのポイント 12番目の画像
出典:shop.originalstitch.com

 日本の伝統的な職人が手がけるオーダーメイドブランド「ORIGINAL STITCH」。

 ベーシックな形から、ビジネスマンに適したシャツなどのサンプルを元にカスタムをしていくスタイル。

 一から全てカスタムする自信がない人には、注文しやすいサイトになっている。

 またこのサイトで注文した他ユーザーのデザインも見ることができ、組み合わせを参考にできるのも同ブランドが人気の秘密である。

 シャツのブランドやデザインにこだわるだけではまだまだ不十分。 

 自分に最適なサイズを選べることがおしゃれに着こなし絶対条件だ。

 本記事で紹介したジャストサイズなシャツを選ぶポイントを参考に、サイズ感も着こなしも自分にぴったりなシャツを手に入れよう。

▼スーツをかっこよく着こなすためのテクニックをチェック!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する