1. ジャストサイズのシャツを着る人はカッコいい。適切なサイズ感のシャツは4つのポイントを意識して選ぶ

ジャストサイズのシャツを着る人はカッコいい。適切なサイズ感のシャツは4つのポイントを意識して選ぶ

出典:clairechic.com

 スーツスタイルで大切なのは全体の「バランス感」。ジャケットはジャストサイズなのにシャツのサイズが合っていないとなると、バランス感がなく、どこか垢抜けない印象となってしまう。

 そんなマイナスな印象から卒業し、スマートな印象をゲットしよう。自分に合ったシャツの選び方は4つのポイントさえ意識すればいい。

シャツもジャケット同様、「肩のライン」は骨格に合わせる

出典:www.liberaux.org

 サイズ感の合ったジャケットを選ぶ際、大切になるのは「肩のライン」が自分の骨格に合っているかどうかだが、これはシャツを選ぶときも同じ。「肩のライン」が自分の骨格に合っているかどうかをきちんと確認しながら、シャツを選ぼう。

 このポイントを意識することで、腕が動かしやすくフィット感のある一枚を手にすることができる。

「首周り」は指一本分のゆとりを!

出典:www.aliexpress.com

 Vゾーンの印象を形づくる「首周り」は“指一本分”のゆとりを持つことを覚えておこう。苦しさを嫌い、ゆとりを持ちすぎるとだらしなく、野暮ったい印象に。ブランドによってサイズ感は異なるので、必ず試着して測るようにしよう。

「着丈」はバンザイしてチェックする

出典:www.gfsolutions.eu

 シャルを選ぶ際、蔑ろにされてしまいがちな「着丈」。スマートな印象を手に入れたいのであれば、ここのチェックも欠かせない。チェックの方法は簡単だ。

 試着したときに、一度バンザイをしてパンツからはみ出るかどうかを確認するだけ。バンザイをしてみると、意外と「着丈」が自分に合ってないことがあるので、必ずバンザイをしてチェックするようにしよう。

「袖丈」は腕を伸ばして確認

出典:newcutedress.com

 最後にチェックすべきは「袖丈」だ。ジャケットを着た際、袖口からシャツが出すぎているとカッコ悪い。「袖丈」も腕を伸ばして、きちんと確認するようにしよう。

 腕を下ろし、手首を曲げたときに袖口が手の甲に軽く乗れば、それが適正なサイズ感になる。「首周り」「着丈」と同様に、一度体を動かして確認することが大切だ。


 この4つのポイントを意識すれば、自分に合ったシャツが選べるはずだ。ジャストサイズのシャツをサッと着こなすことができて、初めてお洒落を楽しめる男への階段を歩み始めることができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する