1. え、海外出張とかまじですか?社長の無茶ブリにテンパる中、ある英会話サービスと運命的出会いをした話

え、海外出張とかまじですか?社長の無茶ブリにテンパる中、ある英会話サービスと運命的出会いをした話

 ーー 社長「8月(半年後)に、海外出張行ってきてくれないかな?」



 ーー 私「えっ!?」

 「まさか仕事で英語を使うことなんてないだろう」そう思って過ごす毎日だったが、ある朝突然、社長から海外出張取材を命じられてしまった。

 出発日は半年後。それまでに、最低限の取材ができるくらいの実践的な英語力を身につけておかなければならない。

 はて、どうしたものか……。まず、頭に浮かんだのは「語学留学」だった。コバルトブルーの海に囲まれたセブ島で楽しく英語を学ぶのも悪くない。そう思ったが、1か月もまとまった休みを取ることはできないし、費用も高いのであえなく断念。

 であれば、手軽に始められそうな、Skypeを利用した「オンライン英会話」がいいかも! そう思い、早速ググってみた。しかし、あまりにもサービス数が多く、どれが自分に合っているのかが分からない。

 そもそもフィリピン人大学生との英会話で、取材に使うようなビジネス英会話が身につくのだろうか……実践的な英語力を身につけるには、一体どうすればいいんだ……!
 
 思わず頭を抱えていたところ、ふと「24時間」「オンラインで語学留学体験」「世界最大級」そして「無料体験」という文字が目にとまった。「EF イングリッシュタウン」か。このオンライン英会話スクールは、なんだか他と違いそうだし、試してみようかな。こうして、僕の半年後に向けた英語力アップのトレー二ングが始まった。




自分に合ったレベルでの英語学習スタート

 ともあれ、まずは会員登録をしなければ。はやる気持ちを抑えつつ、決められたフォーマットに従って個人情報などを入力していく。アカウント情報を入力すると今度は「学習の動機」「レベル」「学習時間」といった項目に答える診断ページにたどり着いた。オンライン英会話でこういった診断に答えるのは初めてのこと。「自分に合った英語学習ができるかもしれない!?」と思い、学習する前からワクワクしていた。

 このステップだけで勉強を始められるようだったが、せっかく新しく始めるのだから、今の自分の英語力を知って自分に合った学習レベルで勉強したいと思い、レベル判定テストも受けてみることに。

 所用時間は20分ほど。「文法」「リスニング」「リーディング」と一通りの問題を解き進めていった。その結果は……なんと初心者レベル。まさか、ここまで出来ていなかったとは……。



 残された時間が少ないこともあり、早速、取りかかることに。Skypeを利用した「オンライン英会話」であれば、何も準備をしないまま、英会話へと移ってしまうが、「EF イングリッシュタウン」は違っていた。
 
 “基礎”をきちんと身につけるための自己学習教材(16レベル)が用意されており、英語の基礎力をみっちり鍛えることができる。座学は少し面倒に感じたが、この教材を使って繰り返し英語を学習していくことで、付け焼き刃ではない“本物”の英語力を身につけることができるのではないかと思い、まずは、ひたすら基礎力のレベルアップに取り組んだ。
 
 「また三日くらいで飽きてしまうのでは……」という不安感も抱きつつ始めた英語学習だったが、「EF イングリッシュタウン」の自己学習教材は「読む」「書く」「聞く」「話す」といった英語に必要な全ての能力を満遍なく学習できる様々なコンテンツが利用できたため、毎日楽しく学習することができた。

(写真:実際のビデオコンテンツ)

 中でもビデオコンテンツを使った学習コンテンツは面白く、そのクオリティの高さには驚きで、なんとハリウッドで撮影したというほどの手の入れ込みよう……! 見ているだけでも楽しかった。

基礎で得た知識を“実践”で自分のモノに


 「パソコン」だけでなく「タブレット」でも勉強を進められるということもあり、通勤時間などのスキマ時間を使って、毎日、英語学習を続けていた。しかし、基礎を学んでいるだけでは実践的な英語力は身につかない。そこで、英語に触れることに慣れてきたところでネイティブ教師によるプライベートレッスンも受けてみることにした。一体、どんな風になるのだろうか……。

 「EF イングリッシュタウン」の英語教師は全員英語教師の有資格者でクオリティ面の問題はなく、またアメリカやイギリス、南アフリカなど様々な国の教師からレッスンを受講することができる。また、教師主導でレッスンが進んで行くため、最初に感じていた不安をよそに、何だかんだ楽しみながら勉強している自分がそこにはいた。(自己学習教材で得た知識をオンラインレッスンで試してやろうといった意欲が湧いたのは、正直、自分自身驚いた。)

 使い始めて、何よりも嬉しかったのは「24時間対応」だ。空いた時間を使って、英語学習をしようと思ったものの、予約が取れない……ともなれば、上がっていたモチベーションも下がってしまうが、「EF イングリッシュタウン」は世界のあらゆる地域に英語教師がいる(現在:2,000人以上)ため、24時間いつでも、プライベートレッスンが受けられた。

 ついつい義務っぽくなり、途中で飽きてしまいがちな英語学習だが、“教師主導の授業スタイル”、“24時間対応”といった学習環境が英語学習を習慣化させる上で非常に良い影響を与えてくれた。

グループレッスンで“応用力”も身につける


 こうやって一歩一歩、確実に英語力を身につけていくための努力を続けていたが、現地ではテンプレートのような表現だけでは会話が成り立たない。時には、応用力が必要とされる場面も必ず出てくるだろう。

 そう思い、来るべき時に備えるべく、世界中の受講生たちと一緒に英語学習ができる「グループレッスン」にも着手。この「グループレッスン」は、全世界に2,000万人以上の受講生を抱える「EF イングリッシュタウン」ならではのもの。グループレッスンもプライベートレッスン同様に24時間いつでもクラスに参加することができる。

 45分という限られた時間ではあったが、世界中の人たちと交流しながら英語学習ができる空間は、まるで「語学留学に来た」という感覚を味わうことができた。

 英語学習に非日常の体験を持ち込む。その何とも言えない感覚が一度使ったら病みつきになってしまい、気付くと度々「グループレッスン」に手を伸ばして英語学習に励んでいた。




「基礎→実践→応用」の学習方法が効果的だった

 ふとしたきっかけから始めることになった、「EF イングリッシュタウン」による英語学習。最初に感じた「このサービスはなんだか他と違いそう」という感覚は間違ってなく、英語学習を楽しみつつも着実に続けていける仕組みが随所にちりばめられていた。

 また、使い始めた頃よりも英語力は確実にレベルアップしていると思うし、今では英語に慣れてきた自分すらいる。それもこれも、振り返ってみれば「基礎→実践→応用」の学習方法があったからだと思う。 

 基礎を鍛え上げる自己学習教材と、知識をより実践的なものに昇華させるための英会話レッスンを提供するオンライン英会話スクールは、「EF イングリッシュタウン」をおいて他にないだろう。

 付け焼き刃ではない“本物”の英語力を身につけることができ、世界中の受講生たちと交流することで「語学留学」体験も味わえる「EF イングリッシュタウン」。現在、無料体験を実施中とのことなので、英語力を鍛えたいと思っている人はこの機会に試してみてはどうだろうか? 

 また今後、自己学習教材の機能強化やスマートフォンでもPC、タブレットと同様の学習環境が提供されるようになるなど大幅なアップデートも予定しているという。始めるチャンスは今しかないだろう!



オンラインで「語学留学体験」を提供する
世界最大級のオンライン英会話スクール

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する