1. ルールを守ってスマートなビジネスマンに。スーツに合わせる腕時計、3つの掟

ルールを守ってスマートなビジネスマンに。スーツに合わせる腕時計、3つの掟

出典:gragg.jp
 
 ビジネススタイルのランクアップを図るには、腕時計が鍵を握る。自分だけの一本を選んで、他人と差がつくスタイルを確立できたら本望だ。とはいえ、あまりに遊び要素が強すぎるものはスーツに合わせると浮くこともある。

 ここでは、スーツスタイルにふさわしい腕時計を解説。ビジネスシーンに合わせた腕時計の選び方を学ぼう。

文字盤は落ち着いたカラーで

 ビジネスシーンにはフォーマル度の高いホワイトの文字盤がベスト。ブラックやネイビーといった暗めの色も問題ないが、明るい色調の文字盤はカジュアルになりすぎるため避けるのが賢明だ。

おすすめはコレ

出典:www.amazon.co.jp

 使いやすさに特化した「epos(エポス)」の定番モデル。ホワイトの文字盤には、クロコダイル調のベルトが映える。シンプルな三針タイプで使いやすさに定評あり。

ベルトは上品なステンレス製が◎

 ベルトのバリエーションは豊富にあるが、仕事に使うのであればステンレスベルトが最適だ。傷まず蒸れにくいステンレスベルトは、長時間の着用にも向いている。需要が高いだけに、各ブランドから意匠を凝らしたモデルが展開されている。

おすすめはコレ

出典:voi.0101.co.jp

 細めのリーフ針がエレガントな佇まいを強調させる「HAMILTON(ハミルトン)」のジャズマスターシリーズ。その上品さがスーツに良く合う。流行に左右されない、長年愛用できる一本。

ケースはラウンド型がどんなシーンにも合う

 できるだけ癖のない時計を選ぶことを考慮すると、ラウンド型ケースが無難。スクエア型はドレッシーな印象が強く出る可能性がある。特に柄物のスーツには、主張しすぎないラウンド型がベスト。

おすすめはコレ

出典:store.ponparemall.com

 日本が世界に誇る「SEIKO(セイコー)」のウォッチ。実用性と機械性の味わいを融合させた珠玉の一本は、着ける・見る・操作する全ての瞬間に気品が溢れて美しい。


 節度を守った範囲でオリジナリティを出すのが、本当のお洒落というもの。それには腕時計も例外ではない。スーツスタイルのポイントにもなり得る腕時計。ふさわしい一本を選んで、あなたのビジネスファッションを格上げさせてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する