1. 神保町でノスタルジックな気分に浸ろう。こだわりのコーヒーが飲める喫茶店4選

神保町でノスタルジックな気分に浸ろう。こだわりのコーヒーが飲める喫茶店4選

by --Filippo--

 神保町は「古本の街」や「カレーの街」として有名だが、実は「おいしいコーヒーが飲める喫茶店の街」でもある。

 古本屋さんが立ち並ぶ靖国通りの路地裏に入ってみると、ノスタルジックな雰囲気漂う喫茶店にめぐり合うことができるだろう。

LADRIO(ラドリオ)

 神保町の喫茶店のなかでも特に老舗店なのがラドリオ。店内ではシャンソンが流れており、レンガ造りの店内と真っ赤な椅子というレトロなインテリアも相まって、まるで昭和にタイムスリップしたような感覚になるだろう。

 ラドリオはシャンソンの流れる喫茶店として有名だが、おいしいウインナーコーヒーの喫茶店としても有名だ。コーヒーの上にたっぷり乗った生クリームは、ほのかに甘くコーヒーの味を邪魔せず調和している。


ミロンガ・ヌオーバ

 ラドリオのちょうど斜め向かいにある喫茶店がミロンガ・ヌオーバ。この2つの喫茶店は元々は同じオーナーが経営していたのだそう。こちらは、タンゴが流れる喫茶店として有名だ。

 タンゴはアナログレコードで流しており、時折レコードを変えるときに鳴るレコードノイズにも趣を感じる。コーヒーはミロンガ・ブレンドがおすすめ。あっさりした苦味のコーヒーはケーキと相性が良い。


茶房 神田伯剌西爾(神田ぶらじる)

 神保町の喫茶店の中で、独特な雰囲気を持っているのが神田伯剌西爾だ。地下へ続く階段を降りて店内にはいると、囲炉裏の席や日本画など和風のインテリアに加えて、静かに流れるジャズ。大人の秘密基地と呼ぶにふさわしい雰囲気を持っている。

 高品質なコーヒー豆を自家焙煎して淹れる神田ブレンドは深みのある苦みと香りで、しばし余韻に浸ってしまう。ブレンドが3種類、ストレートコーヒーも豊富にあるので、コーヒー好きはぜひ訪れてみてほしい。



さぼうる

 神保町駅のA7番出口を出るとすぐにトーテムポールが置いてある喫茶店がさぼうるだ。近くに大学が集まっているからか若い人が多く、店内は常に賑やか。大盛りのスパゲティや大きなトーストなど、喫茶店ならではのフードメニューが充実している。

 ドリンクはフレッシュジュースがおすすめの店だが、コーヒーの味も間違いない。フードと一緒に頼むのであれば、さっぱりとしたアイスコーヒーが良いだろう。



 海外のコーヒーショップが国内出店しはじめたことで、影が薄くなりつつある日本の喫茶店。しかし、神保町の喫茶店はどこも賑わっている。特徴的なお店が多く、いつまでも通いたくなる喫茶店を見つけられるかもしれない。

 神保町の喫茶店は、本を片手に紫煙をくゆらせてゆっくりした時間を過ごしたくなる素敵な喫茶店ばかりだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する