1. 履くだけで旬な装いに。軽快さを演出するスリッポンが着こなしのアクセントに丁度いい

履くだけで旬な装いに。軽快さを演出するスリッポンが着こなしのアクセントに丁度いい

出典:item.rakuten.co.jp

 海外のファッションピープルの間で人気に火がついたスリッポンは、日本でも男女問わず選ばれる定番のシューズとなりつつある。その履き心地のよさと合わせやすさにトリコとなった人も多いことだろう。

 近年のローテクスニーカーブームに乗って、形もカラバリも豊富なスリッポンが発売されているが、ここでは春夏に向けてチェックしておくべきブランド3つを紹介しよう。

Joshua SANDERS(ジョシュア サンダース)

出典:www.joshua-sanders.com

 2013年にデビューするや否や、瞬く間にトップブランドに躍り出た「Joshua SANDERS」。「イザベルマラン」のシューズアシスタントを務めたジョシュア・サンダースを中心に、イタリア人3人のクリエーターが共作するスニーカーブランドである。

 このブランドのスリッポンは、なんといってもロゴが特徴的。アッパー部分に都市の名前やキャラクターなどのポップなロゴが施されたスリッポンは、コーディネートのワンポイントにしたくなるものばかりだ。

Amb(エーエムビー)

出典:www.locondo.jp
 
 シンプルで無駄のないデザインで、万人に愛されるシューズを展開する「Amb」。デザインも然ることながら、ディテールや素材自体も追求されたスリッポンを一度履いてみれば、そのクオリティに驚くことだろう。

 Ambでおすすめしたいのが、シンプルさ際立つ白一色のレザースリッポン。柔らかく艶が美しいこの一足は、履き心地も抜群。オールホワイトコーデのように、色を楽しむファッションが注目されている今シーズンにこそ履きこなしたい一足だ。

berevere(ベレベレ)

出典:item.rakuten.co.jp

 「berevere」はスペイン南部のバレンシア州で設立され、創業20年経った今でもヨーロッパを中心に高い人気を誇っているブランド。サンダルやスニーカーの生産を得意とし、日本での人気も急上昇している。独特なデザインや素材感を始め、そのコストパフォーマンスの良さも魅力の一つだ。

 メッシュ素材のこのスリッポンは、軽い履き心地でムレ知らず。来るべき本格的な春夏シーズンに向けて、一足は持っておきたい快適なシューズになっている。カジュアルで気の張らない、リラックスした休日コーデにもってこいなスリッポンだ。


 季節の移り変わりとともに、ファッションもそのシーズンにふさわしいものに一新される。まだまだ寒さが残る季節だが、まずは足元から春の装いに合わせていったらどうだろか。暖かい季節の軽快さが、足元から演出できるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する