1. 新生活に向けて心機一転。個性的なインテリアが揃う東京都内のインテリアショップ3選

新生活に向けて心機一転。個性的なインテリアが揃う東京都内のインテリアショップ3選

出典:www.pfsonline.jp

 新年度に向けて引越しをする人が多い。そこで、気分一新するために家具を買い換えようと思っている人も居るのではないだろうか。

 せっかく気持ちを入れ替えて新生活をスタートさせるなら、コスパ重視の無難なインテリアで済ませるのではなく、こだわりを持ってみるのも良いかもしれない。

 今回、東京都内にあるハイセンスなインテリアショップを3つ紹介しよう。

Pacific Furniture Service(恵比寿駅)

出典:www.pfsonline.jp

 恵比寿駅にあるPacific Furniture Serviceは、ブランドのポリシーとして「かっこいいモノがあるからかっこいい生活があるのではなく、かっこいい人がいるからかっこいい生活がある。」というものがある。

 「かっこよく過ごせる環境」の中にあるインテリア。単体としてみたらシンプルに見えるが、部屋の中にコーディネートされた時はじめてPacific Furniture Serviceが掲げる「かっこよさ」がわかるのだ。

 シンプルで飽きの来ないデザインと圧倒的な質の良さで、長年使い続けることができるだろう。一生使い続けたいと思わせられる魅力がここにある。


journal standard Furniture(渋谷・吉祥寺駅その他)

出典:js-furniture.jp

 ベイクルーズ社が手がけるセレクトショップJOURNAL STANDARDは既にご存知の人も多いだろう。そのJOURNAL STANDARDが手がけるインテリア専門のセレクトショップが、journal standard Furnitureだ。

 JOURNAL STANDARD同様にアメリカンテイストを取り入れたインテリアをセレクトしている。カジュアルなカフェ風インテリアを探しているのであれば、ぜひチェックしてみてほしい。

 また、東京都内に2店舗あるだけでなく全国展開しているのでアクセスしやすいのも魅力だ。


on the shore(早稲田駅)

出典:on-the-shore.com
 
 今回紹介した中でも、最もインパクトが強いインテリアショップが早稲田駅にあるon the shore。こちらのショップは「上海アールデコ」「老上海(ラオシャンハイ)家具」のアンティークインテリアを取り扱っている。

 アールデコ全盛期の時代、西洋や中国の伝統的インテリアとは全く異なる上海独特のインテリアカルチャーを築いたインテリアだ。中国的な装飾や幾何学模様と西洋風なフォルムの組み合わせが強烈な個性を放っている。

 現在、国内で「老上海」の実物に触れられるだけでなく、購入できるのはon the shoreだけなので気になった人は、ぜひ足を運んでみて欲しい。



 東京都内にあるインテリアショップの中でも、それぞれ異なる個性を持ったショップに焦点を当てて紹介した。個性を取り入れた「自分らしい部屋作り」の参考になれば光栄だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する