1. イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】

イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】

イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】 1番目の画像

 スーツを着る人であれば、一度は憧れる「オーダーメイドスーツ」。

 しかし、「オーダーメイド」に対し、高価で手が出しにくいイメージを抱いている人も多いだろう。

 そこで今回オススメしたいのが「イージーオーダーのスーツ」だ。 

ワンランク上のスーツを着る:「イージーオーダー」のすすめ

 ひとえに「オーダーメイド」といっても、そこからさらに「フルオーダー/イージーオーダー/パターンオーダー」の3種類に細分化される。

 以下にフルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの大まかな説明を記したので、オーダースーツが気になっている人は基礎知識として覚えておこう。

【オーダースーツの基礎知識】フルオーダー/イージーオーダー/パターンオーダーの違い

  • フルオーダー:基本的には型紙から裁断、裁縫までハンドメイド(手縫いなど)で行う
  • イージーオーダー:採寸した数値をベースとした型紙を元に、マシンメイド(ミシン縫い)でスーツを作成する
  • パターンオーダー:既製品と同じ型紙を使用し、マシンメイドでスーツを作成。生地やボタンを選べるだけでなく、袖丈やパンツ丈など「縦」の補正ができる

 今回、取り上げるオーダースーツの種類はイージーオーダーのスーツ。手頃な価格ながら、自分の体にフィットしたオーダースーツを手に入れることができる。

 スーツの知識はない人でも安心してオーダーできるのが、イージーオーダースーツの売りなのだ。

イージーオーダーなら、自分好みのスーツが手頃な価格&短時間で手に入る!

 また、1から自分好みに作り上げるフルオーダーとは違い、時間をかけず手頃な価格で自分の体型に合ったオンリーワンの1着を手にすることができる。

 「経済的、時間的な余裕はないけれど、オンリーワンの1着を作りたい」——イージーオーダーは、まさにそんな人にぴったりのサービスなのだ。

 下記に、5万円以下でスーツのイージーオーダーできるお店を紹介する。

 既製品のスーツから卒業し、上質なオトナへの一歩を踏み出してもらいたい。

おすすめイージーオーダースーツ①:「麻布テーラー」

イージーオーダー可能なスーツブランド:麻布テーラー ¥37,000円〜

イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】 2番目の画像
出典:www.azabutailor.com

 手頃な価格ながら高品質なワイシャツが、多くのビジネスマンの心を掴んでいる「麻布テーラー」は、スーツのイージーオーダーを37,000円から行っている。

 3,000種類以上の生地から自分好みの素材を選ぶことができ、裏地やボタン、ステッチの色にも自分の好みを反映させることが可能。

 フルオーダーさながらのオーダーメイドを37,000円という価格で体験できるのは実に魅力的だ。

おすすめのイージーオーダースーツ②:「銀座山形屋」

イージーオーダー可能なスーツブランド:銀座山形屋 ¥42,000〜

イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】 4番目の画像
出典:www.ginyama.co.jp

 明治40年に創業し、100年以上の歴史を持つ老舗テーラー「銀座山形屋」は、匠のこだわりが詰まった高品質なスーツを42,000円からイージーオーダーすることができる。

 また、買い物の時間が取れない人に向けて「ホーム&オフィス 出張サービス」も無料で展開。

 多忙なビジネスパーソンにとって、こうした手厚いサポートは嬉しい限りだ。


おすすめのイージーオーダースーツ③:「KASHIYAMA the Smart Tailor」

イージーオーダー可能なスーツブランド:KASHIYAMA the Smart Tailor ¥30,000〜

イージーオーダーでワンランク上のスーツを。イージーオーダーできるスーツブランド3選【最新版】 5番目の画像

 「本格オーダースーツが3万円から、最短1週間で」というコピーの元、2017年秋よりサービス開始した「KASHIYAMA the Smart Tailor」。

 1948年にホフマンプレス機を導入し、当時は高級品であったスーツを量産化することに成功したアパレルグループ「オンワード樫山」が展開するイージーオーダーのスーツと聞くと、やはり安心感がある。

 サイトで採寸したい場所と日時を予約するだけで、年間約300名もの採寸を行う熟練のフィッターが採寸しに来てくれるため、店舗に行く必要もない。

 スーツのトレンドにも詳しいフィッターと話し合いながら、自分に似合うオーダースーツを仕上げていけるのだ。

 さらに、2枚目以降はWebからオーダースーツを注文することができる

 多忙な現代のビジネスパーソンのライフスタイルに合ったサービスといえるだろう。


 なかなか手を出しにくいイメージが強いオーダーメイドスーツだが、イージーオーダーであれば手頃な価格でオーダーすることができる。

 記事内で紹介した麻布テーラー、銀座山形屋、KASHIYAMA the Smart Tailorを使って、あなただけのオンリーワンのスーツを手にしてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する