1. 無難な着こなしでは面白みに欠ける。王道の「ネイビースーツ」はちょっとした工夫でデキる男の印象に!

無難な着こなしでは面白みに欠ける。王道の「ネイビースーツ」はちょっとした工夫でデキる男の印象に!

出典:www.pinterest.com

 王道感のある紳士的なスタイルを演出できることから、根強い人気を誇る「ネイビースーツ」。ソリッドのシャツとネクタイを組み合わせて無難に着こなすのも悪くないが、それでは面白みに欠ける。ビジネスマンたるもの、周りとは違った着こなしをしてデキる男を演出したいもの。

 ここでは、ネイビースーツの着こなしを紹介。無難なスーツに少し工夫を加えて、デキる男を演出しよう。

無地ホワイトのシャツは主張の強いネクタイで合わせる

出典:hedford.com

 定番中の定番ともいえる無地ホワイトのシャツには、主張の強いネクタイを合わせるのがベスト。ストライプ柄であればピッチ幅の強いもの、チェック柄であれば柄が大きいものをチョイスしよう。

 普段では敬遠しがちな、ピンク・黄色があしらわれているネクタイも「ネイビースーツ×無地ホワイト」の組み合わせであれば相性バツグンだ。

無地サックスブルーは“グラデーション”を意識

出典:thudtv.com

 こちらも定番アイテムといえる無地サックスブルーのシャツ。シンプルなネクタイを身につけても十分爽やかさを演出することは可能だが、紫やピンクのネクタイを組み合わせ、“グラデーション”を意識した着こなしができれば◎。

 シンプルな着こなしながら、どこか遊び心のある雰囲気を感じさせる。

地味になりがちな印象も大柄チェックで落ち着きある印象に

出典:www.leadenhalluk.com

 モノトーンなシャツやネクタイを選択すると、地味で野暮ったい雰囲気になってしまう。これは、よくある失敗だ。そんな人は、中に大柄のグラフチェックシャツを着てみよう。このちょっとした工夫で、地味になりがちな印象もどこか落ち着きのある雰囲気へと変えることができる。やってみない手はない。


 定番の「ネイビースーツ」も、ちょっとした工夫で普段とは違った雰囲気を演出することが可能だ。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する