1. 二つの褒めテクで、恥ずかしさから卒業しよう 『話すより10倍ラク!  聞く会話術』

二つの褒めテクで、恥ずかしさから卒業しよう 『話すより10倍ラク!  聞く会話術』

出典:pixabay.com

 「褒められたとき、どう反応すればいいか分からない……」「上司のように上手く部下を褒めることができない……」など、「褒め」に対して苦手意識を持ってはいないだろうか?

 今回はそんな思いを抱く人のため、「褒め下手な人は、慣れていないだけです」と話す西任暁子氏の著書、『話すより10倍ラク! 聞く会話術』をご紹介。

 会話術の中でも「褒め」に焦点を当てて、著書の内容の一部をお伝えしていく。

相手からの「褒め」は、2倍で返す

 褒めるテクニックの一つが、褒められたときに「むしろ」を付けて2倍返しで褒め返すこと。

 例えば、「素敵なネクタイ! おしゃれですね!」と言われたときは、「え! 私はむしろ○○さんのネクタイがおしゃれだと思っていました!」と返す。

 「むしろ」を付けることで、先に褒めたのは相手よりも自分の方が先にそう思っていたと伝えられるため、取ってつけた感じが出ないそう。

 そして、もう一つある技が「あなたに褒められたくて」の2倍返し。

 返し方は、「素敵なネクタイ! おしゃれですね!」に対して「え! おしゃれな○○さんにおしゃれだなんて言ってもらえて光栄です!」である。こちらは、自分以上に相手がその魅力を持っていると伝えることができる術だ。

 褒められるのはイマイチ苦手、と感じている方はぜひ実践してみてはいかがだろうか?

謙遜する相手には「気持ち」を贈る

 相手を褒めたときに起こりがちなのが「謙遜」。日本人によく見られる「笑ってごまかす」「そんなことないです、と否定する」といった謙虚な態度は美徳だが、後の会話が続きにくいのが難点だ。

 そんな状況に陥ったとき試してみて欲しいのが、優しい笑顔でのこの台詞。「○○さんの笑顔が素敵だなって感じた私の気持ちを、受け取ってくれませんか?」

 相手は、こう言われると否定するのが難しくなるはず。なぜなら、気持ちは感じる人の自由であり、相手の気持ちを否定することはできないから。

 相手がこちらの「褒め」を受け止めなかったときは、気持ちを受け取ってもらえるよう働きかけてみてはどうだろう。

 
 褒めること、褒められることが「恥ずかしい」と感じる人も多いだろう。『話すより10倍ラク! 聞く会話術』には、その恥ずかしさをほぐしてくれるようなテクニックが載っているため、興味を持った方は一度お手に取ってみてはいかがだろうか?

 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する