1. ネクタイの太さは何cmがベストなのか? 知ってそうで意外と知らないファッションマナー

ネクタイの太さは何cmがベストなのか? 知ってそうで意外と知らないファッションマナー

出典:www.bermatt.com

 定番のスーツスタイルもネクタイの柄や色を少し工夫してみるだけで、ガラッと印象を変えることができる。そんなことから、こだわりを持ってネクタイを購入している人も多いと思うが、ネクタイの“太さ”にルールがあることをご存知だろうか?

 ここでは、意外と知られていないネクタイの“太さ”のルールを解説。常識あるオトナへの一歩を踏み出そう。

ネクタイの太さは大剣幅が6.5〜8cmのものがベスト!

出典:forums.marvelheroes.com

 ネクタイの太さは、スーツのラペル(折返し)幅と揃えるのが基本だが、大剣幅が6.5〜8cmのものがベストと覚えてしまおう。

 一昔前は9cmのネクタイが多く見受けられていたが、細めのラペルが主流となっている今、8cm以上のネクタイは野暮ったい印象を与えてしまうので注意が必要だ。

6.5cm以下のネクタイはモード感が強く、ビジネスシーンには不向き

 また、最近ではニットタイなど細めのネクタイが人気を博しているが、6.5cm以下の細すぎるネクタイはモード感が強いためビジネスには不向き。細すぎず、太すぎないバランス感を意識してネクタイを選ぼう。

人差し指を目安に計測すれば、太さを間違えない

出典:therakeonline.com

 とは言ったものの、ネクタイを購入する時にどうやって太さを測ればいいのか。そこで活用できるのが人差し指。成人男性の人差し指の長さは平均7cmとされているので、ネクタイの大剣幅に添えれば簡単に計測できる。これで、ビジネスシーンに適したネクタイを選べるだろう。


 スーツスタイルの印象を左右するといっても過言ではない「ネクタイ」。ビジネスシーンに適したネクタイの太さを知って、一歩上のオトナのお洒落を楽しんでみてはいかがだろうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する