1. 買わせる広告には仕組みがある。『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』の作り方

買わせる広告には仕組みがある。『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』の作り方

  • 4834views
  • 0fav


 インターネット広告売上が伸び続ける一方、「売れるネット広告」を作るのは難しい。それは、普段沢山のネット広告を読み飛ばしてきた経験からも感じられるのではないだろうか。「売れるネット広告」はどのようにつくることができるのか。

 株式会社売れるネット広告社代表取締役社長・加藤公一レオ氏の著書である『ネット広告&通販の第一人者が明かす100%確実に売上がアップする最強の仕組み』から、そのエッセンスを一部紹介したい。

『売れる広告』づくりは『儲かる仕組み」づくりから

ネット広告にお金を投資する前に、まず重要な事は「儲かる仕組み」を構築すること。
「仕組み」ができてこそ、広告は生きてくるのである。

出典:加藤公一レオ(2015年)『ネット広告&通販の第一人者が明かす 100%確実に売上がアップする最強の仕組み』

 儲かる仕組みのない広告は無駄が非常に多く、掲載するだけで注文を得られないために、赤字を累積する可能性が高い。「売れる広告」に儲かる仕組みは不可欠。著者は本の中で、仕組みづくりの上で必要なルールを三つ挙げている。

高いレスポンス

 まず広告によって多くの「見込み客」を得ること。いきなり商品を売るのではなく、「商品に興味がある人を募集する」という考え方が必要だという。

高い引上

 見込み客を集めたら、その多くを「注文客」に引き上げること。獲得した「見込み客」に対して徹底的なフォローを行い、注文へと導く。

高いリピート

 その注文客に何度も注文してもらえる「固定客」になってもらうこと。リピート客を獲得することは、利益を得る上でかなり重要だ。広告費を回収するためにはリピート客を増やすことは必須になってくる。


 ただひたすらに広告を打つのではなく、欲しいユーザーの反応を明確化し、段階を分けて確実に儲かる仕組みを達成することで、広告は有効な営業ツールとして機能する。


 『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』で語られるのは、筆者が何度も成果を実証してきた上、何年もの歴史を持つダイレクトマーケティングを軸にしたもの。その骨太な理論が、すぐに実践可能な方法に落とし込まれて記載されているのも魅力だ。

 これからも伸び続けるネット広告を使用する上で、末永く使える知識をすぐに手に入れたい人には是非読んで欲しい一冊になっている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する