1. デキる男はこの5種類を持っている。ワイシャツは色とデザインに気を配るべし

デキる男はこの5種類を持っている。ワイシャツは色とデザインに気を配るべし

出典:pamaanwall.com

 スーツに合わせるワイシャツは「5枚」持っておくのが基本とされている。しかし、その5枚を何となく選んでしまってはいないだろうか?

 似たようなコーディネートになってしまいがちなスーツスタイルだが、意識的にワイシャツを選ぶだけでコーディネートに幅を持たせることができる。ここでは、確実に持っておきたい「五つ」の色・デザインのワイシャツを紹介していく。

定番中の定番! 無地ホワイトはどんなコーディネートにも

出典:www.brooksbrothers.co.jp

 まず確実に1枚は持っておきたいのが、無地ホワイトのワイシャツ。その着回し力は他のワイシャツと比べものにならないほど高く、どんなスーツやネクタイとも好相性。ブルックスブラザーズやヒューゴボスの白シャツは1枚持っておくだけで重宝する。

 また、織り柄入りの無地ホワイトシャツを持っておくのもいい。織り柄が入ることによって、シンプルな無地ホワイトとはまた違った印象を演出できる。

無地サックスブルーは爽やかな印象を演出してくれる

出典:www.shirts-gallery.com

 無地ホワイトに次いで定番カラーとも言える、無地サックスブルーのワイシャツも確実に持っておきたい1枚。身にまとうだけで、スーツスタイルに欠かせない爽やかさ・清潔感を演出できる。

モノトーンのストライプ柄で締まった雰囲気を作り出す

出典:shop.e-shirt.jp

 野暮ったくなく、シャープでスタイリッシュな印象を与えたいときはストライプ柄のワイシャツが役立つ。中でもグレーやブラックなど、モノトーン系のストライプ柄は締まった雰囲気を作り出してくれるので、シンプルながらもコーディネートに変化をつけられる。

ブルー系のストライプ柄も持っておきたい!

出典:www.bronline.jp

 モノトーンとは対照的なブルー系のストライプも1枚持っておきたい。ブルー系のストライプ柄は、なかなか着づらい……といったイメージを持つかもしれないが、淡いトーンのものをチョイスすれば話は別だ。淡いトーンであれば汎用性も高く、少し個性的な印象をアピールすることができる。

チェックシャツもグラフチェック柄でもあれば使いやすい

出典:www.shirts-gallery.com

 着こなすのが難しいと思われがちなチェックシャツだが、シンプルなグラフチェック柄であれば主張も強くないため使いやすい。コーディネートの幅を広げるためにも、チェックシャツは1枚持っておきたい。まずは、シンプルなグラフチェック柄からチャレンジしてみるのがオススメだ。


 マンネリ化してしまいがちなスーツスタイル。ここで紹介したワイシャツを参考に、意識的にワイシャツを選ぶことでスーツスタイルに幅をもたせてみてはいかがだろうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する