1. 【次なるビジネスの場は宇宙へ】宇宙ビジネスは日本でも。宇宙を夢見る日本人たちの挑戦

【次なるビジネスの場は宇宙へ】宇宙ビジネスは日本でも。宇宙を夢見る日本人たちの挑戦

  • 4050views
  • 0fav

by mugley
 
 世界中のアツい思いを持つ「アストロプレナー」たちを特集で取り上げてきたが、それは決して日本人も例外ではない。日本人にも、宇宙にアツい思いを馳せる「アストロプレナー」がたくさんいるのだ。

「どうせ無理」を乗り越えて宇宙へ。植松電機の挑戦

 まず日本人の「アストロプレナー」として有名なのは、『NASAより宇宙に近い町工場』を執筆したことでも知られる植松電機の社長である植松努氏だろう。

 植松氏は小さい頃から自身の祖父も大好きだった宇宙に興味を持ち、その夢を宇宙とは全く関連のない電磁石の会社を経営した後も持ち続け、周りの「宇宙ロケットなんてどうせ無理だ」という反対にも打ち勝ち宇宙事業を手がけた。

ロケットを飛ばしたとき、「お金で買えない喜びがあることを知った」と社員が言ってくれました。そんな喜びはいっぱい落ちています。(中略)人の可能性を信じ、信ずるに値する未来を描けるようにするために、まず大人がやってみせようと思います。

出典:宇宙ロケットに夢のせて (株)植松電機 専務 植松 努氏(北海道):中同協 ...

 植松氏の工場は従業員が17人。決して頭脳明晰のスーパーマンばかりではない。しかし、その行動力と思いの力で宇宙事業への挑戦を実現したのである。今や植松電機は、NASAやJAXAと協力してロケットの打ち上げ等に携わっているという。

宇宙で挑戦を仕掛ける「日本人アストロプレナー」たち

 宇宙事業で世界に挑戦する日本の「アストロプレナー」は、もちろん植松氏だけではない。

宇宙輸送コスト低減の「PDエアロスペース」

 低コストな宇宙ロケットを製造するのは、愛知県の企業「PDエアロスペース」。「SpaceX」などと同様に再利用できるロケットを製造している。特徴としては、空気がある領域とない領域の両方で利用できる切り替え式の単一エンジンを積んでいるところだ。

宇宙の掃除人「Astroscale」

 世界で初めて宇宙ゴミの問題に取り組もうとしているのが、岡田光信氏が立ち上げたスタートアップ企業「Astroscale」だ。岡田氏はコンサル業務を経験した後、数多くの企業を経営してきたベテラン経営者。Astroscaleに関しても、すでに巨額の投資を受けている。拠点はシンガポールだが、日本人の経営する企業として注目したい企業だ。

惑星探査ビジネスの「ispace」

 ispaceは、民間組織による月面ロボット探査を競うGoogleがスポンサーのコンテスト「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一エントリーしている企業。惑星探査を通じて、必要な画像データ等を研究機関に配信し、宇宙理解を促進する役割を果たそうとしている。

まだまだ盛り上がりの小さい日本の宇宙ビジネス

 日本人もアツい思いを持って宇宙ビジネスをしているといえど、その盛り上がりはまだまだ米国などには及ばない。早い段階から宇宙ビジネスに挑戦しているホリエモンも以下のように語る。

企業と提携しロケットを打ち上げている堀江は、開発事業の知名度も上がっているのではと司会者から問われると、「意外とそうでもないんですよ。時間がかかるし、お金も集まらないし。アメリカとかだとお金は集まるんですけどね」と実情を明かした。

出典:ホリエモンも一苦労!宇宙ロケット開発事業は「お金が集まらない ...

 確かな技術と熱い思いを持った「日本人アストロプレナー」たち。彼らを誇りに思い、日本の民間宇宙事業も盛り上げたいところだ。


その他特集記事

なぜ今宇宙ビジネスが盛んなのか?

火星移住は可能となるか。

再利用可能なロケットを作る。

宇宙生活のためのモノづくり。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する